愛犬を亡くして生きる気力をなくした女性に…(イラスト/上村恭子)

写真拡大

「すべての霊が人を恨み、災いをもたらせようとするわけではありません。無垢な魂は時として、私たちの悲しみを癒してくれるのです」とは、女性セブン『あなたの運勢WEEKLY』を担当する流光七奈さん。たとえば、愛されたペットは死後も飼い主を心配しているという。流光さんが体験談を明かす。

 * * *
 私が“彼”に出会ったのは、あるパーティーでした。彼は、出席者の足元を回っては、キュンキュンと何かを訴えかけていました。“彼”とは、ミニチュアダックスフント。しかし、彼の声が聞こえる人や、その姿が見える人はいません。彼は霊体だったのです。

 彼は出席者全員に「お母さんとおしゃべりして」「元気にして」と訴えかけ、最後にある女性の足元で伏せてしまいました。その女性は体が悪いようで、椅子に座ったまま喧噪の外に1人でいました。

 私はその女性に話しかけました。彼女は、唯一の家族だった愛犬を亡くし、生きる気力をなくしたといいます。

「あの子とは17年も暮らしてきたから、いないことが信じられないの。華やかな場所に来れば気分も晴れるかと思ったけれど、余計に自分は1人だと実感させられて…」

 私は意を決して、彼女にこう伝えました。

「実は今、あなたの足元に、そのワンちゃんがいるんです。“ぼくの代わりにお母さんを元気にして”って、私に訴えかけているんですよ」

 私はその女性から笑われたり怒られたりするかもしれないと思いましたが、彼女はハラハラと涙をこぼし、「私に元気がないから心配で成仏できないのね。ごめんね」と私の手を握るのでした。

 彼女とはそれからも連絡を取り、ワンちゃんの思い出を話してもらいました。そうしているうちに元気を取り戻すと、ワンちゃんも姿を現さなくなりました。

※女性セブン2017年9月14日号