iPhone 8はまだ発表されていませんが、2018年に発売する新型iPhoneの開発をAppleは開始した、という噂が報じられています。

iPhone 8s・iPhone 9は画面をさらに大型化

名前は不明ですが、例年通りの命名法則ならiPhone 8sもしくはiPhone 9に該当する、2018年発売の新型iPhoneは2種類ある、と『THE INVESTOR』は報じています。

画面サイズは1つが5.85インチ、もう1つは6.46インチです。

今秋発表と噂されるiPhone 8は5.8インチ、iPhone 7sは4.7インチ、iPhone 7s Plusは5.5インチ画面を搭載するようなので、6.46インチはiPhone史上で最大サイズです。おそらくこれが名前の最後に「Plus」が付くiPhoneになるのでしょう。

THE INVESTORによると、いずれもiPhone 8に採用される画面と同じ有機EL(OLED)を搭載します。

有機ELは画面自体が発光するのでバックライトが不要。従来の液晶よりもスペースが必要なく、消費電力も少ないとされています。

6.5インチのiPhone 8s Plusは実現できるのか?

iPhone 8のようにホームボタンを廃止し、画面を囲む枠を薄くすることで『iPhone 7 Plus』と同程度のボディに6.5インチ画面を搭載することは可能だと考えられます。

とはいえ、今回の報道では画面のサイズと種類しか明らかになっていないので、iPhone 8s Plus(もしくはiPhone 9 Plus)本体のサイズは不明です。

6.5インチiPhoneの登場でiPad miniはピンチ?

6.5インチ画面を搭載するiPhoneが登場すれば、サイズが近い7.9インチ画面を搭載するiPad miniに後継モデルが登場する可能性は低くなるかもしれません。

かねてから、iPad miniに後継モデルは投入されない、という噂もあります。

容量は少ないですが、価格だけを比べると、より新しいチップを搭載した第5世代iPadの方が安い状況です。それでもiPhoneより安価ですが、今回の噂が事実なら、iPhoneやiPad Proのように新モデルが毎年登場することは期待できないかもしれません。

参考

Sketchy but plausible supply-chain report repeats rumors of larger 6.5-inch iPhone for next year | 9to5MacApple plans to launch 6-inch screen iPhone next year - THE INVESTOR