「観衆がうるさすぎた」と韓国主将が前代未聞のクレーム! 10人のイランに勝てず大炎上

写真拡大

元Jリーガーのキム・ヨングォン W杯出場危機のなかでの失言で大騒動に

 韓国代表は8月31日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の本拠地イラン戦を、0-0のドローで終えた。

 ソウルW杯競技場には6万人の大観衆が詰めかけ、韓国の勝利を後押ししようとしたが、枠内シュート数ゼロと低調なパフォーマンスに終始し、すでにロシア行きを決めているイランを破ることができなかった。さらに勝利を逃した要因について、韓国代表キャプテンが「観衆がうるさすぎたから」と、ホームのサポーターに対する前代未聞のクレームをつけて大炎上。謝罪を強いられる騒動に発展した。韓国紙「スポーツソウル」が報じている。

 イランが退場者を出し数的優位に立ちながら、韓国は相手の牙城を崩せなかった。シュート6本のうち、枠を捉えたものは1本もなかった。5日の最終戦敵地ウズベキスタン戦で9大会連続のW杯出場をかける危機的状況に陥ったが、かつて大宮アルディージャやFC東京でプレーした広州恒大DFキム・ヨングォンは、試合後に前代未聞のクレームをつけた。

「観衆の応援があまりにもうるさくて、他の選手とコミュニケーションを取ることが難しかった。何も聞こえなかったので、練習通りのプレーを我々はできなかった」

 韓国代表サポーターが足を引っ張ったと主張したキャプテンの失言は、瞬く間に炎上した。「フットボールファンを怒らせるスキャンダル」と、同紙は記事で断罪。自分たちの不甲斐ない戦いぶりをサポーターのせいにした主将は、一気に針のむしろに立たされた。

一夜明けて謝罪「間違った発言になった」

 批判が渦巻く炎上ぶりに、キム・ヨングォンは一夜明けて謝罪に至ったという。

「そんな意図では話していません。自分の頭の中がこんがらがっていたので、間違った発言になってしまった。とても反省しているし、申し訳ない。自分をサポートしてくれるファンに謝罪する」

 韓国代表は成績不振によりウリ・シューティーリケ前監督を解任し、7月にシン・テヨン新監督を招聘したばかり。W杯出場危機に加えて、サポーターの愛想を尽かすようなキャプテンの失言も飛び出すなど、チームは激震が続いている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images