「悪い自己啓発セミナー」に騙されない、見極め方のポイント

写真拡大

「あなたも成功できる!」「引き寄せる」などの心地よい言葉が並ぶせいか、騙される人が一向に減る気配のない自己啓発セミナー。なぜ、人々はそこに引っかかり続けるのか? 数あるセミナーを分析しつつ、有効活用の方法を探ってみた

◆目的意識が明確な人なら自己啓発セミナーは有効

 古今東西の成功法則を研究する高田晋一氏は、自己啓発セミナーのテーマは、悩みを解決する、お金持ちになるなど9つに分類できるが、いずれも騙されることなく、逆に有効活用する共通条件は「参加者自身の目的意識がはっきりしているか」によると話す。

「例えばコミュニケーションスキルを高めたい、金持ちになりたい、マネジメント力を身につけたいなど。セミナーは受ける人の目的によって、効果があるものもあるし、全く身につかないこともある。普遍的かつ、人間の根源的な悩みに即したものが多いなか、少しずつ具体的なテーマの中で細分化されてきている傾向もある。うまく選択すれば、一定の効果はあります」

 悪いセミナーの見極め方にもポイントはある。

「無料や廉価のセミナーを入り口にして、高額なコンサルティング契約などを結ばせるケース。こういった類は、主催者の金儲けが目的です。言い方を悪くすれば、ビジネスにうまく落とし込むことで『騙しやすい人から搾取すること』に主眼が置かれている。異常に長いランディングページ、『YouTubeを使って〇万円稼ぐ方法』、『LINE@を使って年収〇万円を達成!』といった類、受講者の極端な成功体験の声が掲載されているのが特徴です。特に近年は、マネー、ビジネス系のセミナーが増えているように感じます」

 そして、講師の経歴が内容に即したものであるかもチェックすべきである。自分の問題意識にフィットしている内容かどうか、テーマに一貫性があるかが重要だ。

「基本的に自己啓発にハマる人は、誠実で素直な方が大半。ただ『これが、はやっているから』という理由で選択することはオススメしません。セミナージプシーとなる人たちは、流行やキャッチーなフレーズに流される傾向が強い。また、受講者はM気質なことも多い(笑)。反対に講師は、多少のSっ気がないと務まらないので、セミナー自体がある種のプレイのような要素もあります」

 では、具体的なセミナー有効活用の方法はあるのか。それは端的に、“自分の好きなことをテーマに選ぶ”ことだという。

「どんな成功者のマネをしても、結局は『好きなことをやり続ける』ことが、成功しやすくコスト効率も高い。これは各種研究でも証明されています。その上で必要なテクニック的なものをセミナーで補えばいいと思います。私個人の経験談でいえば、具体的な成功事例を完コピすることも、有効な手段の一つといえるでしょう」

 一部の研究では、97%の人が自己啓発では成功できないという結果が出ている。3%に入れるかどうかは本人次第だろう。

<最近の自己啓発セミナーの種類>

〔瓦篥職を発見する 書籍例)『さあ才能に目覚めよう』
悩みを解決する 書籍例)『道は開ける』
L槁犬鮹成する 書籍例)『達成の科学』
ご衙召魍陲┐襦―饑厠磧法悒供Ε掘璽レット』
ゥ櫂献謄ブ思考になる 書籍例)『積極的考え方の力』
幸福になる 書籍例)『HAPPIER』
Г金持ちになる 書籍例)『金持ち父さん貧乏父さん』
┸祐峇愀犬魏魴茲垢襦―饑厠磧法愎佑鯑阿す』
仕事の能率を上げる 書籍例)『7つの習慣』

【高田晋一氏】
作家、データアナリスト。成功データ研究所を運営。電通グループ各社で、10年以上にわたり市場調査やデータ分析を担当。新著に『成功法則大全』(WAVE出版)

― [自己啓発セミナー]に騙された! ―