W杯出場を決めたピッチに立っていたDF昌子源「すごく誇らしい」《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽日本代表は1日、埼玉県内でロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のサウジアラビア代表戦に向けたトレーニングを実施した。

▽埼玉スタジアム2002で行われたオーストラリア代表戦の翌日、メンバー外になった選手を含めた27名全員が登場。オーストラリア戦で先発した11名とサブ組の16名に別れてトーレニングを行なった。

▽オーストラリア戦で先発したDF昌子源(鹿島アントラーズ)は、ストレッチとリカバリーのトレーニングを終えて取材に応対。W杯出場を決めたことを喜ぶとともに、サウジアラビア戦に向けて気を引き締めることを語った。

◆DF昌子源(鹿島アントラーズ)

──改めてW杯出場を決めて

「やっとニュースとかを見て、決まったんやという感じですね。予選を2年ぐらいやって、数多く試合をやる中で、W杯の出場が決まる試合って4年に1度なわけで、その試合に出ていたことはすごく誇らしいです。日本を代表された11人プラス、出場した選手を含めて14人。ハリルさんも言っていましたけど、コーチングスタッフを含めた今回のこのメンバーで戦えた、日本を背負えたのは良かったですし、実感が湧いてきました」

──それは練習前に言われたのか

「試合前から、このメンバーで戦う。選手だけじゃないし、私もメディカルスタッフも、今回はこのメンバーでW杯出場を決める。と合宿の最初の頃に言っていました。さっきの円陣でも、僕らのことを誇りに思うと言ってくれました。監督からそう言った言葉をもらえるのは、選手として誇らしいです」

──昨日の会見でも言っていたが、監督からは選手たちにプライベートの件について話はあったのか

「詳しい話は聞いていないですが、聞きました。辛いだろうなと思います。僕はあまりそういった経験がないですし、どの立場の人かにもよるかとは思います」

「ただ、間違いなくハリルさんが導いてくれたW杯ですし、どういったことになるかは分からないですが、続けてくれると思っています。今回のW杯予選同様、本大会でも信じてやるだけだと思いますし、サウジアラビア戦が残っています。オーストラリア戦に懸けた思いを、アウェイでサウジアラビア相手に見せるというのは相当難しいと思います。ただ、それも出さないといけないと思います」

──モチベーションという意味でも

「そうですね。どこか燃え尽きた感というか、そういうのもあったりはすると思います。ただ、あってはいけないと思います。W杯出場を決めた勢いを、サウジアラビアに持っていかないといけないかなと思います。暑さだったり、気候だったりでどんどんやる気を失ってもいけないのでね」

「僕も去年レアル戦後の天皇杯を経験しています。レアルで燃え尽きた感がありましたが、天皇杯も優勝できました。あの時は、まさしく勢いだったかなと思います。そういったものが大事だとも気づいているので、しっかりやれると思います」