画像提供:マイナビニュース

写真拡大

1日、エイベックス・グループ・ホールディングスと日本マイクロソフトはライヴやイベントの観客満足度向上に向けて「Microsoft Cognitive Services」を使った来場者分析システムを開発したことを発表、システム導入に向けた実証実験を重ね実用化に向けた取り組みを開始していく。

未知なる可能性や人間の気付かない視点を与えてくれるAI。エンターテインメントの世界ではそれを評価する"人"そのものが新たな価値を教えてくれる。エイベックス・グループ・ホールディングスと日本マイクロソフトは、ライヴやイベント会場の来客者の表情や演奏されている楽曲や盛り上がり具合の関連性をMicrosoft Cognitive Servicesを活用して分析、数値化する試みを開始する。

Microsoft Cognitive Searchには、人物の表情から感情を推測するEmotion APIが備わる。Emotion APIは機械学習で蓄積されたインテリジェンスから怒り/軽蔑/嫌悪感/恐怖/喜び/中立/悲しみ/驚きなど人々の感情を読み取れる。来客者の細かな表情の変化を数値化し、分析することで従来の評価とは異なる定量的な評価が期待できる。これによりアーティストのパフォーマンススキルや人気度の測定、イベントの質や満足度向上に向けた取り組みも可能になるほか、会場物販での属性データ(性別や年齢など)、ECサイトとの連動など販促活動との連携も可能になる。

7月には、2015年日本レコード大賞新人賞を受賞したアーティスト「lol -エルオーエル-」のライヴツアー『”live tour 2017 [ lolz ]”ファイナル』での実証実験を実施しており、両社は今後のイベントなどにおいてさらなる実証実験を重ねることで実用化へとAIを進め、ライヴイベントでの効果測定ソリューションとしての販売も視野に入れる構えだ。