運命のオーストラリア戦から一夜明け、日本代表FW本田圭佑(パチューカ)は控え組とともにボールを使った練習などで汗を流した。W杯出場を懸けたオーストラリア戦で最後まで出番は訪れなかったが、本田は「僕に関しては長い間、コンスタントに試合に出ていなかったので監督の判断はうなずける」とバヒド・ハリルホジッチ監督の采配に理解を示した。

 チームを牽引してきたMF香川真司とともに、歓喜の瞬間をベンチから見守ったが、「一番の収穫は僕や真司が出なくても勝てたこと」と、チーム全体の底上げを前向きに受け止める。先発に抜擢されたリオデジャネイロ五輪世代のFW浅野拓磨とMF井手口陽介がゴールを決め、「危機感を与えてくれたことに感謝したい」と若手の活躍を率直に称えた。

「当然ながら僕や真司には危機感が生まれた。実際に、僕や真司が出なくても勝ってしまった。僕らが必要なくなるんじゃないかと言われると思うけど、それはいいこと。僕らとしてはそのポジションをまた奪いにいくだけ」。世代交代を印象付けるような形となったが、本田は競争激化を歓迎し、再び定位置を取り戻す決意も口にした。

「これがW杯本戦であればもしかしたらサッカーをやめようと考えるかもしれないけど、ベンチに座ったことはプロセス。この悔しさがなければ努力できない。モチベーションになる。そういった意味でうれしかった」。ロシアW杯まで1年弱。サバイバルレースがここから始まる。

(取材・文 佐藤亜希子)


●ロシアW杯アジア最終予選特集

●ロシアW杯各大陸予選一覧