ヴァンフォーレ甲府は1日、知人女性への暴行容疑で逮捕されたMF道渕諒平(23)への処分を発表した。

 道渕は7月23日夕方に都内でトラブルになった知人女性に対し、殴るなどの暴力を振るったとして、逮捕された。8月3日に処分保留のまま釈放され、8月31日不起訴処分となっていた。

 クラブはこの日、道渕の17シーズンの公式戦出場停止と、活動停止3か月。3か月の減俸20%と12月までの社会貢献活動の実施を言い渡した。解雇処分は免れた模様。

 また管理監督者に対しては、輿水順雄代表取締役社長、佐久間悟取締役副社長兼GM、今泉松栄取締役総務・経理本部長兼強化部長の3名に1か月の減俸5%処分を科した。

 道渕はクラブを通じ、以下のようなコメントを発表している。

「この度は私の全くもって許し難い行為によって、ヴァンフォーレ甲府に関わる全ての方々だけでなく、サッカー界全体に対しても、多大なご迷惑をお掛けしましたことを、心よりお詫び申し上げます。

 そして何よりも相手の方に対し、自分の行為により、大きなショックを与えてしまったことを本当に申し訳なく思っております。

 また、応援して下さっている皆様、今までの人生の中で関わり、支えて下さった皆様、全ての方々への申し訳ない思いで一杯です。

 この度のことは、社会人としてあるまじき行為であり、弁明の余地はなく、深く反省するばかりです。

 今後は全てのご批判を真摯に受け止め、二度と同様の過ちを犯さないことをお誓い致します。

 自分自身取るべき責任、行動を果たしたのち、ヴァンフォーレ甲府の一員としてサッカー選手を続けていくことができるチャンスを頂いたクラブ、スポンサー、そしてサポーターの皆様に対し、感謝の気持ちが伝わるよう、謙虚にサッカーに取り組みたいと思います。

 改めまして、この度はご迷惑、ご心配をお掛けしまして、大変申し訳ございませんでした」


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ