コウチーニョ獲得にバルサは努める

写真拡大

移籍マーケットの終盤に来てFCバルセロナの判断は誰とも契約をしないとなるかもしれないが、バルサは最優先のコウチーニョ獲得に専念しようとしている。
しかしながら、1億8,000万ユーロ(約236億円)という額に届くことはないという情報をスポルトは入手している。これはディ・マリアでも同じであり、適正価格でなければ移籍は行われることはない。

バルサは移籍マーケットが非常に危険な状態にあり、選手に付けられる金額がとてつもなく高額になっていることを理解している。

スポーツ・ディレクターであるロベルト・フェルナンデスが語ったように、バルサはあと1〜2人を獲得するために働き続けている。しかし同時に、もし適正価格でオペレーションが進まないのであれば、誰も獲得しないという判断もある。

31日木曜日がコウチーニョもしくは他の選手の去就がわかる日と話していたが、バルサは高騰する移籍マーケットで常識的な価格での選手獲得を模索している。しかし、1つ変わらないのは時間が刻一刻と進んでおり、プレッシャーは増している。とにかくこの数時間で全ての事実が明らかになるだろう。