避難場所の名称が全国で60種類以上も存在 地図情報会社の調査で明らかに

ざっくり言うと

  • 災害時に避難する場所の名称には規定がなく、各自治体が独自に決めている
  • 「広域避難場所」や「一時避難地」など、全国で少なくとも60種類以上ある
  • 地図情報会社「ゼンリンデータコム」がデータベース化したことで判明した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング