WILLERとKDDIは、高速バスの移動中にVR(バーチャルリアリティ)コンテンツを楽しめるサービス「ライブバス VR」の提供を開始する。

第1弾として、2018年1月1日に日本武道館で開催される、5人組ダンスロックバンド「DISH//(ディッシュ)」の単独ライブ「DISH// 日本武道館 '18 元旦 単独公演」で、「DISH//」メンバーとの雑談やデート、告白などのシーンを体験できる「ライブバス VR」を提供する。乗車時に1人1台貸し出すVR機器「ハコスコ(通常版)」と利用者のスマートフォンを活用することで、「ライブバス」でしか見ることのできないVRコンテンツを体験できる。バス1台につき1台、最新VR機器「ハコスコ DX2(デラックス 2)」も用意している。

利用者は「DISH//」仕様のオリジナルハコスコを購入することができるため、帰宅後も限定VRコンテンツを楽しむこともできる。また、9月末からはJOY SOUND品川港南口店の「KDDI カラオケ VR」で、「DISH//」の限定VRコンテンツの一部を先行配信する。

WILLERでは、ライブやイベント会場への移動手段として2016年には年間70万人が利用しており、2010年12月からはアーティストグッズのプレゼントや限定DVD特典などが付いたライブ会場直行バス「ライブバス」も提供してきた。