学生の窓口編集部

写真拡大



こんにちは、日本大学理工学部4年の@Genです。

こんにちは。みなさんはウィンタースポーツはお好きですか? 今回はウィンタースポーツ好きな人にはぜひおすすめしたい、スキーインストラクターのアルバイトを紹介します。冬限定なのでたくさんの募集が来るこのバイト。まだまだ冬は先ですが、やりたいと思った人は募集が出たら早めに申し込むようにしましょう。

人生の充実につながるかも! 大学生がレンタルビデオ店でバイトをするべき4つの理由【学窓バイト部】

基本情報

ジャンル:インストラクター
仕事内容:指導
時給(交通費あり・なし):日給1万円
シフト:9〜18時

身だしなみについて

規定はありませんがいい印象を与えたほうが生徒さんとの距離が近くなれます。

バイトで学んだこと

インストラクターの経験を通して一番学んだことは、人になにかを教えるときのコツです。私はいかに相手が楽しく成長できるかに重きをおき、教えるようにしていました。生徒さんは一人しかいなかったので、彼をつきっきりで指導しました。相手は小学生だったのですがなかなか芯のある少年で、ときには私が大人げない行動をしてしまったこともありました。ですがそんな一面も彼は笑ってくれて、より仲良くなることができました。今でもたまに手紙が来るのはうれしい限りです。

バイトをやっていてつらかったこと

当たり前ですが、バイト中はスキー漬けです。ですから、スキーが嫌いな人にはもちろんおすすめできません。特につらかったことはバイト中の宿舎が共同部屋だったことです。パーソナルスペースがなかったので一人で集中したいときなどは部屋を出ていくしかなく、少し億劫でした。また、山の中なのでなにかと不便です。夜におなかが減ったら、我慢をするか水を飲むことしかできませんでした(笑)。

おすすめポイント

好きなことをしながらお金をもらえるのは最高だと思います。しかし、教えることがメインなので、自分が楽しめるようにではなく、生徒さんのレベルに合わせて滑る必要があります。また、叱るだけでは生徒は動いてくれません(当たり前ですよね)。人を動かす際になにが必要かを勉強できるいい機会です。実践すること、肌で感じることが大切です。

まとめ

いかがでしたか? 住み込みのバイトは種類がいろいろありますが、その中でもポピュラーなものが冬場のスキーの住み込みではないでしょうか?。住み込みのバイトはなにかと不便で、都会から離れた場所で生活するため制限されることだらけです。それでも住み込みの仲間たちと一緒になにかを作り上げたり、打ち上げをしたりすると一気に仲良くなれますし、とても貴重な経験ができるでしょう。

大学生になってからは修学旅行や集団でどこかへ出かけるというイベントはなかなかないので、住み込みのバイトは少しわくわくします。初めは知らない人だらけですが、そこで絆ができれば最高ですね。興味があればぜひ挑戦してみてください。

文・@Gen