CaLabo Language

写真拡大 (全3枚)

 チエルは、語学教育のスピーキングを徹底強化する語学学修プラットフォーム「CaLabo Language(キャラボ ランゲージ)」をバージョンアップし、8月31日より高校・大学向けに販売を開始した。価格はオープン価格。

 2020年度に大学入試センター試験に代わって検討が進められている「大学入学共通テスト」の英語では、語学の4技能(読む・書く・聞く・話す)が測られ、「話す」学習時間を確保するには、スキマ時間で学習を積み重ねることが重要だという。

 今回バージョンアップした「CaLabo Language v1.1」は、音素の理論を学習できる教材「音素解説」が追加されたほか、週3回配信される時事英語ニュース教材「ABLish(エイブリッシュ)」との連携により、最新のニュース英語をシャドーイング教材としても活用ができるようになった。

 また、これまでと同様、パソコンやタブレット、スマートフォンからいつでもどこでも学習できる。教員は生徒・学生の学習履歴を把握し、フィードバックを書き込めるため、学生の進捗や能力に合わせた適切な指導が可能になる。

 そのほか、自分の発音を自動採点できる「発音トレーニング機能」や、Text-to-Speech(TTS)技術を使った音声教材の自動作成機能も搭載されている。 《リセマム 工藤めぐみ》