YOSHIKIが、先日ハリケーン「ハービー」により甚大な被害がもたらされた米・テキサス州の報道を受け、自身の運営する米国非営利公益法人501(c)(3) 「YOSHIKI FOUNDATION AMERICA」を通じて、米・赤十字に25,000ドルの寄付をしたことがわかった。

現在YOSHIKIは、名古屋、大阪、東京3都市で、年に1度開催される「EVENING WITH YOSHIKI 2017」の公演真っ最中。26日と27日の名古屋公演を終え大阪への移動中に報道を目にし、過去に前例がないと言われるほどの大雨が降り、今後も被害が拡大する恐れがあるというテキサス州の状況を知ったYOSHIKIは、自身のセカンドホームであるアメリカに何かできる事はないかと急遽関係者と協議の場を設け、寄付の決定を行った。またYOSHIKIはテキサス在住の友人も多く、早速国際電話で友人達の安否や現地の状況を確認していた。

壊滅的な洪水被害に直面し、今支援を必要としている人に向けてYOSHIKIは「アメリカに住む僕にとっては、とても他人事とは思えない出来事でした。テキサス州で今苦しい状況と闘っている多くの方々へ、ほんの少しでも力になる事ができるならと思います。」とコメントをよせている。