復帰した長谷部をアンカーで先発起用したヴァイッド・ハリルホジッチ監督【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

2010年以降担い続けている日本代表キャプテン

 ハリルジャパンが歴史を変えた。ワールドカップ予選で5分け2敗と未勝利だったオーストラリア代表と対峙した、8月31日のアジア最終予選(埼玉スタジアム)で攻守ともに難敵を圧倒。2‐0の快勝劇で6大会連続6度目の本大会出場を決めた。右ひざの手術を乗り越え、昨年11月以来の復帰を果たしたMF長谷部誠(33)はアンカーとして先発フル出場。3度目のヒノキ舞台となるロシア大会へ。4人の歴代代表監督のもとでキャプテンを務めてきた、代役の利かない大黒柱が胸中に抱く思いに迫った。(取材・文:藤江直人)

----------

 歓喜の瞬間の訪れを告げるホイッスルを、MF本田圭佑(パチューカ)はベンチで聞いていた。FW岡崎慎司(レスター・シティ)は終了直前になって、埼玉スタジアムのピッチに投入されていた。

 7年前のワールドカップ南アフリカ大会をともに戦った盟友たちのなかで、オーストラリア代表との90分間を共有できたのはGK川島永嗣(FCメス)とDF長友佑都(インテル・ミラノ)しかいない。

 自信満々に乗り込んだ地球の裏側で一敗地にまみれ、ふがいなさに涙した4年前のブラジル大会のほろ苦い記憶をもつ仲間たちも、いま現在の顔触れを見わたせば半分以下の10人に減っている。

 時の移り変わりを否が応でも感じさせるなかで、MF長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)だけは変わらない。象徴でもあるキャプテンマークを左腕に巻き、ロシア行きを決めた喜びをかみしめた。

「年々プレッシャーは大きくなりますけどね。やはりキャプテンとして予選を戦って、4年前は本当に手探りのなかでやっていましたけど、今回に関してはより自分にできるだけ責任というか、プレッシャーをかけてやってきたつもりですし、その意味ではより喜びは大きいと思いますね。

 一人でサッカーをするわけではないので、プレッシャーというとあれなんですけど。とにかくチームがいい形で試合に入れるとか、チームの雰囲気とか、監督とのコミュニケーションとか、さまざまな部分で自分ができることというのを常に考えて、やってきたつもりです」

 南アフリカ大会が開幕する直前に、DF中澤佑二(横浜F・マリノス)に代わってキャプテンの座を託された。閉塞感を漂わせるチームに喝を入れるために、岡田武史監督が打ったカンフル剤だった。

 一時は指揮官の解任論も吹き荒れた下馬評を覆し、メンバーとシステム変更をも触媒として化学反応を起こしたチームは鮮やかに生まれ変わる。グループリーグ突破を果たした快進撃は、いまもなお燦然と輝く。

 大会後に誕生したアルベルト・ザッケローニ監督に率いられた日本代表でも、厚い信頼感を寄せられた。2014年8月に就任したハビエル・アギーレ監督も、長谷部の誠実な人柄に一目ぼれした。

「代わりの利かない、極めて重要な存在だ」(ハリルホジッチ監督)

 八百長疑惑でアギーレ前監督が解任され、2015年3月に急きょ就任したヴァイッド・ハリルホジッチ監督のもとでも、長谷部へ向けられる視線は変わらない。ボスニア・ヘルツェゴビナ出身で、いつもはフランス語を操る指揮官は、こう呼んではばからなかった。

「彼は私たちのキャプテンだ。代わりの利かない、極めて重要な存在だ」

 だからこそ右ひざにメスを入れ、戦列を離れざるをえなかった今年3月にはチームに激震が走った。長谷部自身もチームメイトたちを信じて、懸命なリハビリを積んできた。ホームにオーストラリアを迎える大一番を、照準に置き続けてきた。

「けがは非常に難しいものだったので、自分の頭の中には8月31日がずっとありました。焦って痛みがぶり返すのもよくないし、リハビリの過程でうまくいかない時期もあったなかで、無理してきた部分もありました。けがをしていたときのことを考えると、試合に対しての思いが非常に強いです」

 人事を尽くして天命を待つかのように、穏やかな表情と口調で抱負を語っていたのは8月30日のこと。帰国前のブンデスリーガでも2試合連続でフル出場。順調すぎる回復ぶりに、ハリルホジッチ監督も別の意味で心配を隠せなかった。

「少し体を休ませながら、コンディションを取り戻してほしい。急に多くのプレーをしてしまうと、筋肉系の問題が発生してしまう恐れがあるので、上手く休みをはさみながらやってほしい」

 8月27日から埼玉県内で行われた事前合宿では、あえて別メニューを組ませて調整に配慮してきた。その時点でフォーメーションを初めて組む「4‐1‐4‐1」にして、アンカーを託す構想を指揮官は描いていたのだろう。

ハリルの“真骨頂”ともいえる一面を感じた90分間

 果たして、昨年11月のサウジアラビア代表とのワールドカップ・アジア最終予選第5戦以来となる代表戦のピッチは、「個人的なパフォーマンスに関しては反省点が多かった」と苦笑いする。

「特に前半でボールを簡単に失う場面が3、4回あったし、ああいうところは危ない場面につながるところでもあるので。後半は多少修正して、という部分はありましたけど」

 それでもフル出場を果たしたオースラリア戦は、ハリルホジッチ監督の“真骨頂”といってもいい側面を感じ取った90分間でもあった。

「非常に苦しいゲームでしたし、そのなかでも自分たちも我慢して、効率よく点を取った。決して美しい、綺麗なサッカーじゃないかもしれないけど、短い時間のなかで戦術的な部分を詰め込んで、その結果がこうやって出た。サッカーとはこういうものなのかなと、あらためて感じています」

 ジーコジャパン時代から日の丸を背負ってきた、百戦錬磨のベテランをして「決して美しい、綺麗なサッカーじゃない」と言わしめた戦い方こそが、ブラジル大会後の日本に求められたものだった。

「ポゼッションサッカーを突き詰める部分で、どのような状況になろうとオーストラリアはつないでくるというスカウティングもありました。その意味では相手にボールをもたせて、そのうえでボールを奪う狙いどころを定めて自分たちからプレッシャーをかける、という部分では上手くいったのかなと」

 オーストラリアがアジア王者として出場し、ドイツ代表に惜敗し、カメルーンおよびチリとは引き分けた6月のコンフェデレーションズカップを、ハリルホジッチ監督はロシアへ足を運んで視察している。

 4バックから3バックへとスイッチし、体格を生かした従来のロングボール戦法を捨て去り、長い目で見て生まれ変わるために戦術の転換を図っているオーストラリアを文字通り丸裸にした。

長谷部が語るチーム前進の原動力。「期待感」と「危機感」

 その結果として弾き出されたのが「4‐1‐4‐1」であり、運動量とボール奪取力に長けた山口蛍(セレッソ大阪)、井手口陽介(ガンバ大阪)をインサイドハーフとして長谷部の前に並べる陣容だった。

 そして2列目の「4」の左にドリブラーの乾貴士(エイバル)、右に韋駄天の浅野拓磨(シュツットガルト)を配置。アジリティーに難があると分析した、長身そろいのオーストラリアの最終ラインを徹底して地上戦で揺さぶった。

「戦術的な部分でもとにかく相手の弱点を突くというか、徹底的にスカウティングをしてやるという部分ではできたところはあると思います。このワールドカップの切符をつかんだという結果だけを見れば、本当にいい戦いだったというか、サッカーは結果が正しいというところもあるというか」

 システムにはこだわらない。いかにして相手のストロングポイントを封じ込めるか。相手の特徴によって戦術の起用する選手を、それこそカメレオンのように変える。

 アルジェリア代表を同国初にベスト16に進出させた、ワールドカップ・南アフリカ大会でも見せたリアリティーに徹した戦い方は、長谷部にとっても斬新に映った。

 多彩な戦い方を求めるから、選手選考の幅も広がる。22歳の浅野、21歳で国際Aマッチ出場が3試合目となる井手口をためらうことなく起用した。だからこそ、来年の本大会の組み合わせ抽選の結果次第で、メンバーがどんどん変わってくる可能性もある。

 いわば格上が相手になるほどに緻密な分析のもとに戦い、強さを発揮するハリルホジッチ監督のサッカーは、これからが本番となる。いい意味での期待感と危機感が、チームを力強く前進させる原動力になると長谷部は言う。

「アルジェリア代表時代を見てもグループリーグの3試合、そして決勝トーナメントでかなり違うメンバーを使っていた。その意味でもメンバーの固定というのはこれからもないと思うし、いい意味で誰にでもチャンスがあると思っています」

監督について。どういう決断でも「僕自身は尊重したい」

 オーストラリアに快勝した余韻が残る、試合後の公式会見。指揮官はおもむろにプライベートの問題を口にして、総括を終えただけで、質疑応答を受けることなく退席した。

「プライベートで大きな問題があった。そのことで、私はこの試合の前に帰国しようと思った。今日は選手たちのことを書いてほしい。たくさんの拍手で迎えられたことを、私は忘れない」

 実は合宿初日から、長谷部は苦悩する胸のうちを指揮官から打ち明けられていた。長谷部との間に築かれた、揺るぎない信頼の二文字を象徴するエピソードだと言っていい。

「監督が(会見で)言っていました? 僕は個人的には監督とも話していますし、監督がそういうことを言ったのであれば言ってもいいと思いますけど。何て言うんですかね、身内のことでいますぐにでも帰りたい用事があるということを僕には打ち明けていました。

 そういう状況でも、やはりいまは戦わなければいけないという、強い決意も感じました。人生のなかではサッカーよりも大切なことがあると僕は思っていますし、どういう決断をするのであれ、僕自身は尊重したいと思っています」

 アジア2次予選の初戦で、シンガポールとまさかのスコアレスドローに終わった。最終予選の初戦では、UAE(アラブ首長国連邦)代表に悪夢の逆転負けを喫した。ともに埼玉スタジアムが舞台だった。

 6大会連続6度目のワールドカップ切符を獲得するまでに刻まれた、波瀾万丈に富んだ軌跡はロシアの地で待つ笑顔への序章。さらに奇想天外な展開が待つことは必至のこの先でも、不動のキャプテン・長谷部が見せる頼れる背中は日本代表の羅針盤であり続ける。

(取材・文:藤江直人)

text by 藤江直人