台中市政府提供

写真拡大 (全2枚)

(台中 1日 中央社)青山祐治副知事ら青森県の訪問団は8月31日、チャーター便で中部・台中市を訪れた。台中国際空港で訪問団を出迎えた陳盛山・同市観光旅遊局長は、台中名物の太陽餅などで来訪を歓迎。今後双方の努力によって台中と青森を結ぶ定期チャーター便を就航させられればと期待を示した。

台中市と青森県、同県平川市の3県市は昨年12月、友好交流協定を締結。今回の訪問により、交流推進を図る。台中市政府によると、訪問団は3日までの日程で、台中国家歌劇院や高美湿地、谷関温泉などの観光名所のほか、中部サイエンスパークや自転車メーカー、ジャイアントの旗艦店などに足を運ぶ。

(カク雪卿/編集:名切千絵)