BIG3と評される本田圭佑、香川真司、岡崎慎司【写真:Getty Images】

写真拡大

6大会連続W杯出場の陰で…本田と香川は出番なし、岡崎はわずか4分間の出場

 サッカー日本代表は8月31日、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のオーストラリア戦に2-0で勝利し、1998年のフランス・ワールドカップ(W杯)から6大会連続6回目の本大会出場を決めた。FW浅野拓磨(シュツットガルト)とMF井手口陽介(ガンバ大阪)というリオ五輪世代2人のゴールで勝利した一戦について、スポーツ専門テレビ局「FOXスポーツ」アジア版は、「日本の『ビッグ3』の時代は脇へと寄ることに」と報じている。

 勝利を告げるホイッスルが鳴り響いた瞬間、本田圭佑(パチューカ)と香川真司(ドルトムント)の姿はピッチにはなかった。そして、現役の日本代表で最多得点を誇る岡崎慎司(レスター)も、登場したのは大勢が決した後半41分。これまで日本代表を牽引してきた“BIG3”ではなく、浅野や井手口というリオ五輪世代の活躍で手にした世界への切符だった。

「FOXスポーツ」アジア版はその状況に着目し、「日本の『ビッグ3』の時代は脇へと寄ることに」と見出しを立てて特集している。

 香川が約8万人を収容するドルトムントのスタジアム、本田はパチューカ移籍前に歴史ある欧州の聖地サン・シーロのピッチでプレー、岡崎は2015-16シーズンにプレミアリーグで“奇跡の優勝”の立役者の1人になったことに触れながら、「アジアにおいて最上級に偉大なビッグネームだ」と紹介。日本代表のみならずアジアを代表する地位を築いていることを改めて記している。

「サムライブルー(日本代表の愛称)はBIG3が象徴となっていた。欧州で輝きを放ってきた神聖なる三位一体の存在、ケイスケ・ホンダと、”Wシンジ”のカガワとオカザキ。彼らはアジアで崇拝され、羨望の的となっていた」

海外メディアも浅野、井手口の活躍に言及「ニューヒーローは突如現れるもの」

 しかし、そんな3人もオーストラリア戦は全員ベンチスタートだった。それでも、日本代表は前半41分に浅野のゴールで先制すると、後半37分には井手口が追加点を挙げ、これまでW杯予選で5分け2敗と勝ったことのなかった“天敵”に初白星を飾っている。

 記事では、主役の座を射止めた2人について、「タクマ・アサノはすでに主戦場を欧州に移している。豊富な運動量とゴール嗅覚が彼の持ち味。アサノの時代がやってくることは大いに考えられるだろう。それに比べ、ヨウスケ・イデグチはマイナーな存在だ。しかし、おそらく彼がそんな状況にいるのも今のうちだろう。21歳のMFは、この試合で日本のベストプレーヤーだった」と称賛している。

 本田、香川、岡崎がベンチを温め、リオ五輪世代が活躍したことは、世代交代の波を予感させるには十分な出来事だ。FOXスポーツも「日本代表はオーストラリアに競り勝ち、ロシア行きを決めた。しかし、この勝利はこのトリオがもはや重要な存在ではないことを指し示すようだった。彼らが主力を担った(ワールドカップの)2014年大会から、同じメンツで次の大会に向けて突き進んできたが、フットボールの世界では常に突如、ニューヒーローが現れるものなのだ」と、若い世代の台頭を報じている。

 BIG3時代は終焉を迎え、新世代が勢力を拡大するのか。あるいはBIG3が“先輩”の意地を見せ、主力の座に返り咲くのか。日本のみならず、アジア、そして世界が世代交代の行方に注目している。