iPhone 8は1,000ドル(約11万円)〜と噂されています。その価格が原因で売れない可能性も考えられることから、Appleは「おまけ」を付けるのではないか、という予測が浮上しています。

iPhone 8+◯◯◯で売り上げ増?

金融企業Barclaysのアナリストが試算した結果によると、1年間のApple Music利用権と200GBのiCloudストレージ(1年間?)をiPhone 8に付けることで、売り上げが98億ドル(約1兆円)伸びます。

もちろんApple MusicやiCloudストレージの「おまけ」を付けることでコストも生じますが、それは十分にカバーできると予測しています。

Apple Musicを1年間利用する場合の費用は9,800円、200GBのiCloudストレージを1年間利用する場合の費用は4,800円。合計で14,600円です。

Beats製品で実施済み

こうした施策は、Appleが買収したBeatsブランドの製品で行われていました。

Beats製品を購入して製品登録を行う際、同梱のコードも送信すると、Apple Musicを3ヶ月間無料で使えるギフトカードを入手できました(2017年5月19日終了)。

ただし『9to5Mac』は、このキャンペーンはBeats製品というよりは、Apple MusicをPRすることが目的だったのではないか、と指摘しています。

もしそうだとすれば、Barclaysが予測した「おまけ」はiPhone 8の販売促進ではなく、Apple MusicやiCloud有料プランのPRが目的になるかもしれません。

そもそも、今回の予測が何らかの情報に基づいてなされたものなのか、それともiPhone 8の売り上げを伸ばす施策として独自に予測されたものなのかは不明です。こうした施策がAppleで検討されている、という情報は現時点では他に報じられていません。

参考

Analyst suggests Apple could bundle Apple Music & iCloud tier to boost iPhone 8 sales | 9to5MaciCloud のストレージプランと料金 - Apple サポートiPhone、iPad、iPod touch、Mac、Windows パソコンで Apple Music に登録する - Apple サポートPromotions - Beats by DreBarclays says Apple could convince people to buy the $1,000 iPhone by giving them free Apple Music - Business Insider