シンガポールのジュロン野鳥公園内を散歩するオオフラミンゴのスキッシュ(2017年8月31日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】シンガポールのジュロン野鳥公園(Jurong Bird Park)内を散歩するオオフラミンゴのスキッシュ。

 スキッシュは卵からふ化する前に保護活動家によって助けられた。生後3か月の現在、日光を浴びたり体力を付けたりするため、園内を散歩することが日課となっている。アスファルトの熱から脚を守る靴が欠かせないアイテムなのだそうだ。
【翻訳編集】AFPBB News