マット・デイモン主演『ダウンサイズ』来年3月より公開へ 「とにかく脚本が美しく、素晴らしい」

写真拡大

 マット・デイモン主演作「Downsizing」が『ダウンサイズ』の邦題で、2018年3月より公開されることが決定した。

参考:“男女”と“車”に“音楽”を融合ーー『トゥルー・ロマンス』の精神受け継いだ『ベイビー・ドライバー』

 本作は、『ファミリー・ツリー』で第84回アカデミー賞脚色賞を受賞したアレクサンダー・ペイン監督が手がけたコメディ映画。人口が増え続け、住みづらくなってしまった地球を舞台に、人口過多問題を一気に解決するため、人間の体のサイズを13cmに縮小する“全人類の縮小計画”が持ち上がる模様を描く。

 13cmの身体で生きていくことを決意する夫婦の夫ポール・サフラネック役を『オデッセイ』のデイモンが演じるほか、妻オードリー役で『ゴーストバスターズ』のクリステン・ウィグ、ミニチュア人類社会のカギを握る謎の男役で『ターザン:REBORN』のクリストフ・ヴァルツ、物語を大きく動かす重要なキャラクター役で『インヒアレント・ヴァイス』のホン・チャウがキャストに名を連ねる。

 第74回ヴェネツィア映画祭のオープニン作品に選出された本作。現地時間8月30日に行われた公式記者会見に出席したデイモンは、「世界中の俳優がペイン監督と仕事をしたいと思っているんだ。もし電話帳の役を頼まれたら、電話帳だって演じるよ。この作品は、とにかく脚本が美しく、素晴らしい。オリジナリティに溢れてユニークなんだ。『ダウンサイズ』は、本当に美しくて前向きな映画だよ」とコメント。ペイン監督もまた「この作品は、SFの要素を持ち、大きなキャンバスで物語を描いているが、これまで(脚本家の)ジムと一緒に作ってきた作品と同様のトーンやユーモアの感覚もあるんだ」と語っている。(リアルサウンド編集部)