画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ベイクルーズは9月15日、社員向けの新規事業提案コンテストである「STARTUP CAMP(スタートアップ キャンプ)」から生まれた新ブランド「EMILY WEEK(エミリーウィーク)」の期間限定コンセプトショップを、東京都・青山にオープンさせる。

同店では、生理週間を軸とした4週間の女性のバイオリズムに着目し、そのバイオリズムに沿った商品を販売する。ブランド名の「EMILY WEEK」は生理週間を表現しているものだが、「EMILY」は「よく働く」や「賛美する」などという意味合いがあり、「生理週間が毎日をがんばる女性を讃える週間となるように」との意味が込められているという。

商品は、オーガニックコットンやリネン、シルクニットを使用したオリジナルの「デリケートパッド(布ナプキン)」や「4WEEKアロマシリーズ」(オイル、ロールオン、ルームスプレー)」など。

そのほか、セレクト商品としてsisiFILLEのオーガニックコットンナプキン、フランスのデリケートゾーンケアブランドWOMAN essentialsや日本初上陸の米国オーガニック下着ブランドBROOKTHERE、HONEY&HARBが監修した女性向けハーブティーなどの商品も取り扱う。

ホルモンバランスが大きく変化するターニングポイントである25歳〜30代女性をターゲットに、外側だけでなく内側に目を向けて、より前向きに毎日を過ごせるような商品ラインナップとなっているとのこと。

同店で商品を購入した先着100名には、ポーチとsisiFILLEのオーガニックコットンナプキン3個パックをプレゼントする。また、オープン同日よりオンラインストアでも、商品の発売を開始する。