ゴール後感極まって涙を流したMFフィリッペ・コウチーニョ【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間31日、ロシアW杯南米予選のブラジル対エクアドルの試合が行われた。

 既に本戦への出場が決まっているブラジルは、それにもかかわらずFWネイマールやFWウィリアンが先発するなどほぼベストに近いメンバーで臨んだ。エクアドルの抵抗に苦しむも、69分にコーナーキックにパウリーニョが合わせ先制点をとると、76分にはこの日途中交代で入ったMFフィリッペ・コウチーニョが2点目を決め、最終的にブラジルが2-0の勝利を飾った。

 注目されるのが、この日2点目をマークしたコウチーニョのゴール後の様子。コーナーフラッグ付近へ向かいゴールを喜ぶも、感極まって涙を流す姿を見せたのだ。

 今夏バルセロナへの移籍が噂されていたコウチーニョは、残留を断固主張するクラブ側の意見と本人の意思が相反するものであったために、去就が決まらず、クラブでも出場機会を得られないでいた。そういった困難な状況に陥ってしまっていたことが、今回のゴール後の涙に関係しているのかもしれない。

 移籍市場の閉鎖は迫っているが、果たしてコウチーニョの去就はどうなるのであろうか。

text by 編集部