ダニエル太郎、ナダルから1セット奪い健闘するも2回戦敗退[全米オープン]

写真拡大

「全米オープン」(8月28日〜9月10日/アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)の男子シングルス2回戦で、ダニエル太郎(エイブル)が第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)と対戦。ダニエル太郎にとって、グランドスラム初のセンターコートでの試合となった。試合は、積極的な攻撃をみせたダニエル太郎が第1セットをナダルから奪うも、第2セットからギアを上げたナダルに封じられ、6-4、3-6、2-6、2-6で敗れた。

ナダルは3年連続11回目の3回戦進出となり、3回戦では杉田祐一(三菱電機)を破ったレオナルド・メイヤー(アルゼンチン)と対戦することが決定している。

(テニスデイリー/ワウコム)

※写真は「全米オープン」3回戦でナダルに敗れたダニエル太郎
NEW YORK, NY - AUGUST 31: Taro Daniel of Japan returns a shot to Rafael Nadal of Spain in their second round Men's Singles match on Day Four of the 2017 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on August 31, 2017 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Richard Heathcote/Getty Images)