インテルは8月31日、『ガビゴル』の愛称で親しまれているFWガブリエウ・バルボーザがポルトガル1部のベンフィカに期限付き移籍すると発表した。イタリアメディア『ガゼッタ・デロ・スポルト』によると、移籍期間は1年間で、2500万ユーロ(約32億8千万円)の買い取りオプションがついている。

 リオデジャネイロ五輪の全試合に出場し、ブラジルの優勝に貢献したガビゴルは昨季、ブラジルのサントスからインテルに加入。将来性を嘱望されて3000万ユーロ(約39億4千万円)の移籍金がついていたが、わずか9試合の出場にとどまった。

 一方で、ピッチ外では話題となった。今年5月、ネイマールの妹であるラファエラさんとのキス写真をインスタグラムに投稿し、交際開始をアピール。直近では8月8日にも「愛する人」とのキャプション付きで、フランス・カンヌで撮影した写真をアップしており、仲睦まじい姿を見せている。


●セリエA2017-18特集

●欧州移籍情報2017-18