「女性も男性も育児をしよう」という意識を持つ人たちが、多くいます。

しかし、男性が育児をしていると、こんな壁にぶつかるようです。

男性も育児をしていますから!

ジャスティン・シマードさんは、カナダにあるスーパー『Sobeys』に車で来ました。

赤ちゃんを連れていたシマードさんは、子ども連れが優先的に駐車できる、専用のスペースに駐車しようとして、ふと気が付きます。

立っていた看板をよく見ると、「妊婦さん、または子連れの母親専用」と書いてあったのです。

はじかれているようで、悲しい

子どもを連れていたものの、どちらにもあてはまらないシマードさん。彼は、スーパーの公式Twitterに、こんなコメントと画像を送ります。

「こんにちは、私はここに駐車することができますか?」

「父親は、このスペースに駐車してはいけないのだろうか」という疑問が、多くの人の心を動かしました。

投稿には、こんなコメントが付いています。

小さな子どもを持つ父親は、母親と同じ権利を持っている。看板には、「子を持つ親」って書いてほしい。ベビーシッターや祖父母もいるんだから、彼らも駐車できないと。「赤ちゃん連れの人」って書いてある看板を見たことあるよ。

すでに、柔軟な発想のデザインが採用されている店もあるようですね。

子ども連れなら、OK!

シマードさんが投稿した翌日、スーパーは答えます。

あなたには間違いなく、その駐車スペースを使用する権利があります!

我々がデザインを更新することができるように、これがどこに立っていた看板か、教えていただけませんか?

スーパーは「世間とのズレを、知らせてくれてありがとう!」とシマードさんにコメントを送ります。

その4日後、看板のデザインが修正されました!

妊婦さんと、小さなお子様連れのお客様専用

利用できる人の幅が、大きく広がったのです!

分かり合えたら、もっといい関係に

スーパーの迅速な対応が、嬉しかったのでしょう。

シマードさんは、スーパーから看板の変更を知らせる連絡があった当日に、『あの場所』で写真をとりました。

スーパーの対応に感心する投稿がたくさんありました。

また、新しい看板を広めてほしいという人もいます。

「男女が平等というなら、駐車スペースの権利も一緒じゃないとね」

喜ぶ声が多い一方、こんなコメントもありました。

妊娠や出産で、体を痛めている人もいる。数に限りがあるから、利用者が多い時はやっぱり妊婦さんにゆずってほしいな。

男女に関わらず、ゆずり合って『子どもを抱えた、より大変な人に使用してもらう駐車スペース』として使用できればいいのかもしれません。

時には、妊婦さんや母親を優先することもあるでしょう。

ただ、シマードさんの疑問は、『育児は母親がしている』という思い込みが残る社会に、一石を投じました。

子育てをしやすい環境が、より整っていくといいですね。

[文・構成/grape編集部]