画像

写真拡大

 博報堂DYメディアパートナーズと東京理科大学は、AIを活用した次世代型メディア・コンテンツを共同開発する。まず、媒体社のニュース記事原稿をAIを活用して解析・学習しスマートスピーカー用の音声として適した言葉づかいや長さにする研究に着手する。

 博報堂DYメディアパートナーズのスマートメディアラボと東京理科大学理工学部大和田研究室は、8月からAIを活用した次世代型メディア・コンテンツの共同開発を開始した。次世代型音声メディア開発を推進していく。

 第一弾として、今年の秋以降日本でも販売が予定されているスマートスピーカー向け音声メディアの開発を開始する。具体的には様々な媒体社が保有するニュース記事原稿を、AIを活用し解析・学習させることにより、スマートスピーカー用の音声として適した言葉づかいや長さにするなど、情報を最適化するシステムの開発を行う。

 既存メディアが持つコンテンツの再価値化・価値向上を図る狙い。また、各種データを解析・学習させることにより、ラジオなどの音声広告の考査を効率的に行えるようにするなど、業務効率化システムの開発にも着手する予定だという。

MarkeZine編集部[著]