”白馬の王子様”は永遠に来ない!「こじらせアラサー女子」がやるべき恋愛の進め方4つ

写真拡大

アラサーになると、仕事もハードになり、同じ環境に身を置くことが多くなりますよね。
恋愛したい!と思っていても、毎日同じ生活環境では、なかなか恋愛モードにはなりません。

そんなこじらせアラサー女子がやるべき恋愛の進め方について、紹介していきます。

●(1)自分から動く

『30歳間近になったらお誘いか急に減った……。いままでは受け身で良かったけどこれからは狩りに出るしかないようです』(29歳/受付)

若い頃は色々なことに興味を持ち、行動範囲も広く動いていませんでしたか?
しかしアラサーになると、行く場所も友人も定着してしまいます。
そんな中で、何もしないで恋愛が舞い込んでくるようなラッキーなことは、なかなか起こりません。

まずは、自分から動くことが大事 です。
気になる人がいるのであれば、積極的に食事などに誘ってみましょう。
また、コンパや街コンなどに行くのも良いです。
恋愛に発展しなくても、新たな交友関係ができ、ステキな人と出会う可能性があります。

●(2)白馬の王子様は来ないと自覚する

『ディズニーのプリンセスだって自分から王子を探してるんだから、待ってても王子が来るわけないんです』(31歳/飲食)

女性はお姫様願望があるものです。
白馬の王子様が迎えに来ると思ってしまうのは分からなくもありません。
しかし白馬の王子様が迎えに来るからと、現実逃避してしまい恋愛から遠ざかってしまうと、こじらせ女子と呼ばれてしまいます。

まずは、白馬の王子様は迎えに来ないと自覚することです。
理想に合うイイ男を待っていては、いつまでたっても恋愛はできません。
白馬の王子様が来るという考え方が、他力本願なのです。
好きな人は自分で見つける以外の方法はないのです。

●(3)あれこれ考えすぎない

『考える前にまずは行動した方がいいと気付きました!』(27歳/商社)

アラサーになると、どうしても結婚を意識して恋愛を始めようとしますよね。
しかしあれこれ考えすぎてしまうと、せっかく良い人が現れても、逃してしまいます。
もちろんある程度の見極めは必要ですが、必要以上に考えるのは良くありません。

スペックや減点方式で男性を査定することをやめましょう。
自分が良いと思った男性とは、とりあえずお付き合いしてみること です。
お付き合いをしてみないと、分からない部分もたくさんあるからです。

●(4)本能に身を任せる

『自分の直感に従って行動するようにしたら、彼氏ができました』(28歳/広告)

アラサー女子は、色々な経験をしてきたので、頭で恋愛をしてしまう傾向があります。
知識がつき過ぎているのです。
頭で考えてしまうと、なかなか恋愛への発展は難しくなります。
本能に身を任せてみるのも大切です。

しかし本能に身を任せるのは、アラサー女子にとっては難しいですよね。
知識があるぶん、初めから本能に従うのは抵抗があるのです。
ある程度、頭で考えた後は、本能を頼りにしてみると良いでしょう。

また、恋愛をポジティブなものとイメージ するのも大事です。
ネガティブに考えてしまうと、頭で考えすぎて、恋愛に踏み切ることができなくなります。

----------

アラサーになると、世間体やこれまでの経験などが邪魔をして、なかなか恋愛モードになれなくなりますよね。
焦って恋愛をすることは良くありませんが、せっかくの恋のチャンスを逃しているかもしれません。
恋愛から遠のいてしまうと、オシャレも手抜きになってしまいがちです。

待っているだけでは出会いはやってきません。
まずは自分磨きなどできることから動いて、自分を恋愛モードにもっていきましょう。
せっかくならステキな恋愛したいですよね。

(文/恋愛jp編集部)