大丈夫か、シャルケ?空前絶後の“退団劇”、この夏去ったのは「17人」

写真拡大

内田篤人に続き、ベネディクト・ヘヴェデスまで退団したシャルケ。

実はこの夏、両者以外にも多くの選手がチームを後にしている。その顔ぶれをまとめてみると…

ベネディクト・ヘヴェデス(→ユヴェントス)
フェリックス・プラッテ(→ダルムシュタット)
ファビアン・ギーファー(→アウクスブルク)
ティモン・ヴェッレンロイター(→ヴィレムII)
セアド・コラシナツ(→アーセナル)
デニス・アオゴ(→シュトゥットガルト)
フィル・ノイマン(→インゴルシュタット)
クラース=ヤン・フンテラール(→アヤックス)
ハジ・ライト(→サントハウゼン)
エリック・シュポ=モティング(→ストーク)
ベルナルド・テクペテイ(→ラインドルフ・アルタッハ)
ルーク・ヘマーリッヒ(→ボーフム)
シドニー・サム(→ボーフム)
内田 篤人(→ウニオン・ベルリン)
サーシャ・リーター(→無所属)
アブドゥル・ラーマン・ババ(→チェルシー)
ホルガー・バートシュトゥーバー(→シュトゥットガルト)

※アブドゥル・ラーマン・ババはローンバック

現時点で、なんと17人!

シャルケでは今季からドメニコ・テデスコが新監督に就任しており、新たなチーム作りを行っている。

その改革は大胆なもので、最も象徴的だったのはユース出身の最古参プレーヤーであるヘヴェデスからキャプテンを剥奪したことだった。結果、キャプテンマークはGKラルフ・フェールマンへと渡っている。

その他にも内田、フンテラール、アオゴといった在籍歴の長い選手が次々にチームを去っており、サムやシュポ=モティングといった実力者も退団に。その一方で目立った補強が進んでいないだけに、今季のチーム作りが心配されている。

なお、シャルケはここまでの2試合で1勝1敗。8位につけている。