【詳細】他の写真はこちら

女優の菊地凛子さん(36)が、8月16日、中山美穂さん(47)の元カレとしても有名なミュージシャン渋谷慶一郎さん(44)の公式インスタグラムに登場し、ロックでセクシーな美貌に注目が集まっている。

◆出産後も変わらぬクールな美貌



菊地さんは、2015年の元日に11歳年下の俳優・染谷将太(24)さんとの結婚を発表。2016年の10月には第1子を出産した。2017年には、米アカデミーが新会員を発表し、真田広之(56)さんらとともに招待を受けている。2006年、映画『バベル』で聾唖の女子高生を演じアカデミー助演女優賞にノミネートされた経験を持つ彼女。国際派俳優として評価の高い菊地さんだが、日本の事務所に所属している気配は無くメディアへの露出は少な目だ。自身の公式インスタグラムも2017年6月が最後の更新だが(2017年8月現在)、8月16日に、渋谷さんのインスタグラムに久しぶりに登場し、ママになっても変わらぬ美貌を見せつけた。



Keiichiro Shibuyaさん(@keiichiroshibuy)がシェアした投稿 -



◆6月には「シャネル」のイベントに出席



現在、日本での女優活動が少ない菊地さんだが、菊地成孔プロデュースにより、音楽家名Rinbjö名義でアルバム『戒厳令』を発売。ミュージシャンとしても活動している。また、6月には「シャネル」主催の「マドモアゼル プリヴェ(Mademoiselle Privé)」展のオープニングパーティーに登場し、スーパーモデルのキャロリーヌ・ドゥ・メグレさんらと記念撮影。変わらぬスリムなスタイルで「シャネル」のスーツを着こなした。



rinkokikuchi/Rinbjöさん(@rinkokikuchi)がシェアした投稿 -



◆実は別名でモデル活動をしていた?



海外の俳優やモデルらと並ぶことの多い菊地さんは小柄なイメージがあるが、実は169cmの長身でモデル出身。1990年代後半から2000年代前半までは、菊地百合子名義でモデルとして雑誌やCM、映画などにも出演していた。当時、ゲームやモバイル端末など複数のCMで菊地さんと共演したモデルに取材したところ「着ぐるみを着て踊るシーンもある撮影だったのですが、待ち時間は物静かで、村上春樹の本を読んでいました。撮影になると一気にテンションをあげて、コミカルな演技をしていた事が印象的です」と語っている。後に菊地さんは、村上春樹原作『ノルウェイの森』(トラン・アン・ユン監督)で、ヒロインの1人・直子を演じている。



rinkokikuchi/Rinbjöさん(@rinkokikuchi)がシェアした投稿 -



◆ヴァネッサ・パラディらと並んだ写真は圧巻



菊地さんの公式インスタグラムで「並んで写っている」面々の豪華さは壮観。2年前にアップされた、ヴァネッサ・パラディ(44)さん、リリー・ローズ・デップ(18)さん母娘を中心とする「シャネル」の顔のスターがズラリと並んだ1枚は要チェックだ。



#ChanelCerclePrive #chanelhautecouture #chanel @chanelofficial

rinkokikuchi/Rinbjöさん(@rinkokikuchi)がシェアした投稿 -



◆ミステリアスな魅力で独特のポジションを確立



実生活では演技派俳優の年上妻で、0歳児の母でもある菊地さん。公式インスタグラムには生活感のある写真は皆無で「プライベートを見せない姿勢」は一貫している。ミステリアスな雰囲気は結婚・出産後も変わることはなく、唯一無二の個性を確立している。

外部サイト