ティザーサイトより

写真拡大

 2007年に他界したファッションモデルでパフォーマーの山口小夜子と写真家の高木由利子が2005年から2007年にかけて行ったプロジェクト「蒙古斑革命」が復活する。ティザーサイトが開設され、山口の誕生日にあたる9月19日に本サイトが公開される予定。
 「蒙古斑革命」は現代の日本に生きる人々の美意識を探り、そのアイデンティティーに向き合おうと開始されたプロジェクト。日本のアイコンであった山口小夜子がインタビュアー、高木由利子が撮影を担当し、無名の若者から90代の映画監督まで2人の目に止まった総勢32人の"エッジな人々"を約2年間にわたり取り上げてきた。雑誌「ソトコト」ではインタビュー抜粋を掲載し、ウェブでは全文を公開するという形で連載を行ってきたが、山口の急逝と同時期にサーバーダウンにより全データが消失。ローカルデータや記録音声なども消失し、インタビュー全文を閲覧することが不可能な状態になっていた。
 山口の逝去から今年で10年が経過。高木は「混乱しきった地球上で、アイデンティティーを見失い、 東洋人として、日本人として、今世の使命を見出せずに彷徨っている人々。 少しでも、勇気と何らかのメッセージを送ることができれば、と願うようになり、 貴重な記録を再現し、蒙古斑革命のタイムレスな精神を世の中に発信し続けたいと思った」とプロジェクトへの思いを語る。発足当時から影で支えていた現代美術家でホーメイ歌手の山川冬樹、演出家の生西康典らによる協力もと、インタビュー記録映像や誌面原稿から新たに情報を起こし直し、今回の復活に至ったという。第1回は、全32人のインタビューを終え、連載の最後に山口と高木がプロジェクト立ち上げの経緯やその想いを語った対談「終わらない旅」からスタートする。