メインモデルに起用された内田理央

写真拡大

 「エヴリス(EVRIS)」が、2017年秋冬シーズンの新作を注目のモデルを迎えてカタログ形式で毎月発表するプロジェクトを8月からスタートしている。第2弾となる9月のカタログではメインモデルに内田理央を起用した。
 2017年秋冬シーズンは「UNIQUE」をコンセプトに、「枠にとらわれない、ひとつに縛られない、挑戦する」をテーマとしたエッジの効いたアイテムからトレンドルックまで幅広く展開。9月発売の新作では、花柄を施したベロア素材や、ベロア糸をプルオーバーニットに編み込むなど、質感のある素材を遊び心あるデザインで仕上げる。ファーバッグやファーサンダルなどコーディネートに取り入れやすい小物を多数ラインナップするほか、インナーのハイネックニットが特徴的なワンピース、バックルがアクセントのスカートとレギンスがセットになったアイテムなど、レイヤードスタイルを提案する。