来年の日本導入に先駆け100台限定で登場

 ルノーのCセグメントクロスオーバーSUV「カジャー」が、来年より日本にも導入されることがついに決定! それに先立ち、専用設計のボーズサウンドシステムと大型パノラミックルーフ、専用ファブリック×レザー調コンビシートを装着した限定車「ボーズ」が、8月31日より100台限定で販売されることになった。

「キャプチャー」のダイナミックさや力強さ、「ルーテシア」の情熱的で魅惑的なタッチを取り入れたというカジャーのエクステリアは、全長×全幅×全高=4455×1835×1610mmの低くスポーティーなプロポーションながら、最低地上高は200mm、アプローチアングルは18度、デパーチャーアングルは28度として、SUVにふさわしい悪路走破性を確保。

 筋肉を想起させる前後フェンダーを中心として曲線的なデザインを与えるとともに、ルノーデザインを象徴する“C”シェイプLEDデイタイムランプを備えた左右のヘッドランプをクロームのラインでつなぐことで、ボディのワイド感を強調している。

 水平基調ながらドライバーを囲むようにインパネがデザインされた室内には、気分に合わせてカラーや表示を自在に変更できるフルカラーTFTのメーターパネルを採用。

 表示できるカラーはレッド、ブルー、ブラウン、グリーンの4色で、メーターパネル中央の画面にはスピードメーター、タコメーター、オーディオ、運転支援システム(ADAS)を表示することができる。

 センターコンソールの7インチマルチファンクションタッチスクリーンには、オーディオの操作や車両の機能設定、電話、スマートフォンの操作などが可能な「ルノー R-Link2」を搭載した。

 6:4分割可倒式リヤシートは荷室両端にあるハンドルで倒せるほか、荷室には前後2枚のラゲッジボードが開口部と同じ高さに設置され、通常時は上下に分割。この状態で後席を倒すと荷室床面がフルフラットになる。

 フルフラットの状態から2枚のラゲッジボードを荷室床面に設置すると、荷室容量はさらに拡大。後席を起こした状態で、2枚のラゲッジボードのうち奥側1枚を荷室床面に設置し、手前の1枚をラゲッジ中央に垂直に設置すると、荷室が前後に2分割され、スーパーマーケットの買い物袋など転がりやすいものを収納するのに便利なスペースを作り出せる。

 さらに、奥側のラゲッジボードを開口部と同じ高さに、手前の1枚を中央に垂直に設置すると、奥のラゲッジスペースが上下2分割されることで3つの収納スペースが生まれ、荷物を小分けして収納することができる。

 運転支援システム(ADAS)も充実している。2台のカメラ、12個のセンサー、ミリ波レーダーを搭載し、LDW(車線逸脱警報)、BSW(後側方車両検知機能)、オートハイ/ロービーム、エマージェンシーブレーキサポート(アクティブブレーキ)、イージーパーキングアシストを実装。 デイタイムランプやフルLEDヘッドランプ、コーナリングランプ機能付きフロントフォグランプ、ヒルスタートアシスト、パーキングセンサーも備えることで、予防安全性能を大幅に強化した。

 パワートレインは131馬力/205N・mを発する1.2リッター直4直噴ターボエンジンと7速DCT。2、3速の低速域でのトルクを増大させるオーバーブースト機能も備えている。

「ルノー・カジャー・ボーズ」はボディカラーがブランナクレメタリック(白)、右ハンドル・FF車のみの設定で、価格は344万円。カタログモデルが正式発売される前に、誰よりも早くこの新たなルノー製SUVに乗りたいファンは、今がチャンス!

【画像ギャラリー】