画像提供:マイナビニュース

写真拡大

西武鉄道と西武トラベルはこのほど、秩父・三峯神社で星空と絶景の雲海鑑賞をめざす「夜行列車で行く秩父絶景ツアー」の募集を開始した。

今回は池袋発に加え、みなとみらい線元町・中華街発のコースも設定。いずれも深夜1時25分頃に西武秩父駅に到着する予定で、走行中の車内では当日の星空解説や全員にプレゼントされる星座早見盤の使い方講座などを行う。西武秩父駅からは貸切バスに乗り換え、3時頃に三峯神社に到着。現地では星にまつわるフードやドリンクやライブパフォーマンスを楽しむ「スターパーティー」を開催。光学機器メーカー、ビクセンの社員による星空解説や望遠鏡・双眼鏡の貸出しも行われる。雨天の場合は「雨の日 特別プラン」に切り替える。

星空観賞の後は、神社職員による境内の解説を聞きながら雲海鑑賞スポットまで移動し、日の出前後の雲海の出現を待つ。日の出を見届けた後には、ツアー参加者限定の特別祈祷が受けられる。アンティークカフェ・小教院や天然温泉かけ流しの三峯神の湯もツアー参加者向けに早朝から特別営業予定。朝食には、今年の「全国ご当地どんぶり選手権」本選に出場した「秩父わらじ味噌豚丼」(ミニサイズ)が用意される。

朝食後に解散となる「シンプルコース」のほか、秩父三社に立ち寄るコース、秩父鉄道のSL乗車と秩父グルメのホルモンを味わうコースを設定。出発日は10月27日(池袋発)と11月10日(元町・中華街発)。11月10日出発分は東急東横線・東京メトロ副都心線渋谷駅からも乗車可能で、同駅から夜行列車に乗車できるのはこれが史上初とのこと。10月27日分の使用車両は西武鉄道の特急レッドアロー(10000系)、11月10日分は「S-TRAIN」の車両40000系を予定している。

旅行代金は9,500〜1万2,000円で、出発駅やコースによって異なる。西武トラベルのウェブ限定で受け付けるコースと西武鉄道の観光案内所(練馬駅・ひばりヶ丘駅・所沢駅)で受け付けるコースに分かれており、西武トラベル受付分は8月31日15時から受付開始。観光案内所受付分は9月14日または9月16日から受付を開始する。