UVERworld TAKUYA∞はファンと仲良くなるのが得意? 「家に住んでたもんね。ずっと俺の家に」

写真拡大

 UVERworldが、8月31日放送の『SONGS』(NHK総合)に出演。“大人の心を震わせる音楽番組”をコンセプトに掲げ、様々な形でアーティストの歴史を振り返る同番組で、TAKUYA∞(Vo)が対談相手に俳優・綾野剛を迎え、綾野がライブを訪ねた時に感じたバンドの魅力、互いの表現者としての葛藤や将来のビジョンに至るまでをじっくりと語り合った。

(関連:UVERworldはなぜ高水準の映像を生み出し続けるのか? 本気の“挑戦”と“遊び心”に迫る

 大親友だという2人は初対面の印象についてトークを展開。TAKUYA∞は綾野を「近づきがたいオーラを放ってる人間」と言いつつ、「お酒を入れるとスイッチをオフにする能力を持っている」と語った。一方綾野は「彼には『絶対ウソをついちゃいけないな』と一発目に思いました」と発言し、TAKUYA∞の表情から「俺はお前に対してウソなくいきたいからね。このギリギリの関係で関わっていけたら最高だと思う」という思いを感じたという。

 UVERworldの地方ライブにまで足を運ぶという綾野。虚構の世界を作る俳優という職業だからこそライブへの憧れがあると明かし、「彼らは本当でしかない。常にライブなんですよ。一発勝負なんですよね」「『倒れてしまうんじゃないかな』というような熱量(がある)」と興奮したように語った。

 続いて、街で出会ったファンと仲良くなるのが得意なTAKUYA∞は「剛も知ってると思うけど、(友人の)イッキとかリョウタとか。もともとファンクラブに入ってて。家に住んでたもんね。ずっと俺の家に」と衝撃のエピソードを披露。TAKUYA∞が「リビングが割と広くて、そこにテント張って」と説明すると、綾野は「俺も1回ぐらい一緒に住んでみたいなぁ」「絶対TAKUYA∞よりTAKUYA∞のこと俺の方が知ってるはずだもん」と羨ましそうな表情を見せた。

 そして綾野は「自分のためじゃなく自分“たち”のために」というTAKUYA∞の言葉に2年間支えられてきたと明かし、映画やドラマで主役をやるようになってから「どう(撮影)現場で真ん中で立ち続けなきゃいけないのか(を考えなくてはいけない)。実はその言葉で今日まで戦ってこれた」「自分たちに関わっている、その“たち”のために何ができるのか? をTAKUYA∞から教えてもらった」と語った。

 番組では男性ファン限定600人スタジオライブや現在開催中のツアーの模様の一部もオンエア。次回9月7日は「平井堅 オールタイムリクエストベスト」を放送予定だ。(向原康太)