チェスター・ベニントンの家族、自殺が美化されることを懸念

写真拡大

7月20日、自ら命を絶ったリンキン・パークのフロントマン、チェスター・ベニントンの家族は、チェスターやクリス・コーネルの死により自殺が美化されたり、後追い自殺する人たちが現れることを懸念しているという。

◆チェスター・ベニントン画像

関係者は、一家はチェスターのファン、とくに若い人たちが、チェスターと同じ運命をたどるのを防ぐため自殺予防/防止に携わる団体の設立を検討していると、TMZ.comに話したそうだ。チェスターの家族は、自殺を美化し、後を追うことで彼らの死を称えたり、自殺が問題や苦しみからの脱出方法になるとは考えて欲しくないという。

先月終わり、アルゼンチンでチェスターのファンだった15歳の少年がチェスターと同じ方法で自殺したことが報じられた。遺体の近くに置かれていた携帯電話の中にはリンキン・パークの音楽や歌詞があったといい、両親と警察は、チェスターの死が引き金になったと考えているそうだ。

Ako Suzuki