「アウト×デラックス」に「アウトな女優」として斉藤由貴が登場

写真拡大

8月31日の「アウト×デラックス」(フジ系)に、「ひふみんを見に来たアウトな女優」として斉藤由貴が登場。斉藤がスタジオに入ると、まずはお目当てである加藤一二三を探し、じっと見つめる。司会の矢部浩之から「変わらないですね。スケバン刑事ですよ、我々からしたら」と変わらぬ美貌に驚きを隠せずにいると、マツコ・デラックスが「麻宮サキですよ」と付け加える。

【写真を見る】1日に大体4つ5つのテレビ局で藤井聡太四段について語っている」という加藤一二三/(C)フジテレビ

スタジオゲストの高橋ひとみからは、「由貴ちゃんとわたし、スケバン刑事の究極のライバルですから。今でも由貴ちゃんと共演すると、ネットがざわつく。海槌麗巳(と自身を紹介)」と、斎藤との関係が明かされると、斉藤が「最後、炎に巻かれて死んだんですよね」と30年越しのスケバンバトルを展開。

矢部から番組に出演した理由として、「ひふみさんをきょうは見たかった?」と問われると、「はい、だってすごく稀有な方じゃないですか。この仕事を長くしてると、稀有なフリの感じの人と、本当に“かわいそうなくらい”稀有な人って、結構私の中で、純粋さっていうか、生き様みたいなものが、ものすごく心引かれる方だなって思って」とその理由を明かす。

すると、“ひふみん”こと加藤一二三九段は「私も元々テレビに出てましたけども、(最近は)藤井四段が勝つとすぐテレビに呼び出されまして、1日に大体4つ5つのテレビ局で藤井聡太(4段)を語りました」と、優しい表情で笑いながら、最近よくテレビに出るようになったことをアピール。逆に“ひふみん”が斉藤のデビュー曲「卒業」について「とてもいいお歌ですよね」と褒めると、斉藤は笑みを浮かべ「いやー、やっぱり、すてき! こういう感じの人に触れると、なんかすごくうれしい気持ちになります」と目をキラキラ輝かせ、“ひふみん”を絶賛した。

そして斉藤のアウトなこととして、「美容院に5年に一度しか行かない」、「他の歌手が歌っているのを、聞いている時間がキライ」と紹介。人の歌を聞かないことに対して「それはアウトですか?」と悪びれる様子もなく答え、スタジオを沸かせていた。

次回の放送は9月7日(木)、「福山雅治のアウトな噂を検証」を予定。