本田圭佑(左)、香川真司(中央)岡崎慎司(右)ら経験豊富な選手も再浮上の可能性は十分にある【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

試合前の悲観的見解を一蹴

 8月31日、ロシアW杯アジア最終予選のオーストラリア戦に臨み2-0で勝利した日本代表。勝てばW杯出場権獲得となる状況でヴァイッド・ハリルホジッチ監督は本田圭佑や香川真司をスターティングイレブンから外し、井手口陽介や浅野拓磨ら若手選手を抜てき。大一番で起用された新戦力が期待に応えゴールを奪った。本大会出場を決め、さらなる底上げが期待されるいっぽう、まだまだベテラン選手の力もチームには必要だ。(取材・文:元川悦子)

----------

 2018年ロシアワールドカップ出場権を賭けた31日のオーストラリアとの大一番(埼玉)。本田圭佑(パチューカ)、香川真司(ドルトムント)を揃って外し、山口蛍(C大阪)と井手口陽介(G大阪)をインサイドハーフ、浅野拓磨(シュツットガルト)と乾貴士(エイバル)を両サイドアタッカーに据えるというヴァイッド・ハリルホジッチ監督の決断には、大きなリスクが伴った。

 山口が「陽介と一緒に組んだら面白そうやな」と話してはいたものの、実際にコンビを組むのは全く初めて。最終ラインを統率する吉田麻也(サウサンプトン)が「つなぐタイプの選手がいなかったんで、正直どうなるかなという懸念が僕の中にはあった」と本音を吐露したが、それはチーム全体に共通する不安要素だったに違いない。

 両サイドアタッカーにしても、浅野は昨年9月の最終予選・タイ戦(バンコク)以来の先発。乾に至ってはハリル体制発足初戦の2015年3月のチュニジア戦(大分)から代表スタメンに陣取ったことがない。連係面がどこまでスムーズにいくか気がかりだった。

 そのネガティブな見方を打ち消すように、この日の日本は鋭く力強い出足を見せた。圧倒的な走力とハイプレスでオーストラリアにリズムを作らせず、高い位置で奪ったら次々とカウンターをしかける。

 その攻撃が結実し、前半終了間際には浅野が得意の裏を取る動きで先制に成功。ジャガーポーズで喜びを爆発させた。後半に入ってからはオーストラリアも徐々に攻め込み、アンジェ・ポステコグルー監督もトミ・ユリッチ(ルツェルン)、ティム・ケーヒル(メルボルン・シティ)といったカードを次々と切ったが、日本は足を止めることなく戦い、残り8分というところで浅野と同じリオデジャネイロ五輪世代の井手口陽介(G大阪)が強烈ミドル弾で追加点をゲット。試合前の悲観的見解を一蹴してみせた。

本田に至ってはアップゾーンに行くことすらなく…

 日本は過去のワールドカップ予選で高い壁として立ちはだかってきたオーストラリアを結果的に2-0で粉砕。90分間プレスをかけ続け相手を凌駕するというハリル監督が理想とするスタイルをやり通したうえに、これまでになかった新たな組み合わせも手に入れた。ボール支配率こそ38.4対61.6と大幅に下回ったが、シュート数は15対4。内容的にもこの大一番は最終予選ベストマッチと言っても過言ではなかった。

 交代出場したのは原口元気(ヘルタ)、岡崎慎司(レスター)、久保裕也(ヘント)。アルベルト・ザッケローニ監督体制から「攻撃3枚看板」と位置づけられた中の1人である岡崎は今季プレミアリーグ開幕2得点の好調ぶりを買われてピッチに立つ機会を与えられたが、香川はアップのみ。

 本田に至ってはアップゾーンに行くことなくベンチで戦況を見守るだけだった。若い浅野と井手口が結果を出したのを踏まえ、背番号4は「今日は俺じゃないでしょ」と一言口にして取材ゾーンを立ち去ったが、それは世代交代の象徴的場面のようにも映った。

「若い選手がこういうプレッシャーのかかる試合にぱっと出て、結果を残すことは簡単なことじゃない。今回の拓磨や陽介もそうだし、ここまでの元気や久保もそう。若手が結果を残すのは自分たちにとってのプラス材料」と川島永嗣(メス)も若手の台頭を前向きに捉えていたが、それは確かに今までの日本代表に欠けていた部分だった。

 昨年9月のUAE戦(埼玉)で今回の最終予選が始まった時、本田、香川、岡崎は攻撃の主軸に名を連ねていた。本田が先制点を挙げ、スタートは順調かに見えた。しかし、伏兵にまさかの逆転負けを喫したことで、ハリルホジッチ監督は次々とメンバーを入れ替え始めた。

若手を積極起用も、要所で起用されているベテラン

 所属クラブで定位置を取れなかった岡崎や香川はスタメンから外され、とうとう本田も昨年11月のサウジアラビア戦(埼玉)から久保の後塵を拝するようになった。今年6月のイラク戦(テヘラン)では森重真人(FC東京)も外され、昌子源(鹿島)が急浮上。最終ラインにも若返りの波が押し寄せた。

 それでも、香川や長谷部誠(フランクフルト)、山口のケガが重なったことから、イラク戦で背番号4は再抜擢され、存在感を示す形にはなった。彼自身もその継続を目論んだはずだが、ケガとパチューカデビューの遅れが響き、それは叶わなかった。

「ハリルさんはコンディションを重視する監督なんで、少しでもコンディションを落としたらもう外れる。自分はたまたま今日は出れたけど、インテルに帰って厳しい競争が始まるし、そこに勝って試合に出続けないと日本代表でのプレーは難しいかなと感じます」と本田らと長きに渡ってともに戦ってきた長友佑都(インテル)も神妙な面持ちで語ったが、それは30代選手の偽らざる本音ではないだろうか。

 2014年ブラジルワールドカップでアルジェリアを率いた時も、ボスニア人指揮官は20代前半の若手を重用した。インテンシティーの高いサッカーをしようと思えば、若くて走れる選手の優先順位が高くなる部分はある。

 とはいえ、ベテランの価値を全く理解していないわけでもない。3月のUAE戦(アルアイン)では今野泰幸(G大阪)を2年ぶりに抜擢し、川島もスタメンに戻す采配を見せたし、前述の通り、6月のイラク戦では本田を起用している。「日本人の全ての選手に扉が開かれている」という言葉は決してまやかしではないだろう。

若返りが一気に進むか、ベテランが流れを引き戻すか

「ハリルホジッチ監督はアルジェリアでもそうでしたけど、戦術という部分でかなり長けた方だと思う。アルジェリアを見ても、予選3試合、決勝トーナメントもそうでしたけど、かなり違うメンバーを使うとか、変えていた部分がある。僕らもこれからメンバーの固定はないと思うし、本当にいい意味でも誰にでもチャンスがあると思いますけどね」とキャプテン・長谷部も語っていたが、本当に誰がロシア本大会に行くのか読めないのは確かだ。

 最終予選を見る限りだと、目下、川島、吉田、長谷部、大迫勇也(ケルン)は絶対的存在だが、彼らのところも違ったタレントが出てくれば入れ替わる可能性がある。そのくらい競争が激化してこそ、日本代表は本当に強くなる。本田や香川、岡崎もクラブでの活躍次第ではまだ再浮上の可能性はあるだろうし、ここで終わりとも言い切れない。それは長友も感じている点だ。

「これだけ若い選手が頑張ってベテランの僕らに刺激を与えて、僕らがまた悔しい思いをして頑張るってところで、成長という意味でチームとして最高なんじゃないですか。相手からしても最悪ですよね。真司も待ってる、圭佑も待ってる、若いイキのいい選手も待ってる、誰が出てくるんだって状況だから。スタメンもそうだしね。実際、オーストラリアも今日は読めなかったと思うし」と背番号5は言う。

 本大会への生き残りをかけたサバイバルは5日の最終戦・サウジアラビア戦(ジェッダ)から早くもスタートする。浅野・井手口のリオ世代、大迫・山口らのロンドン世代、本田・香川ら北京世代はそれぞれどうなるのか。若返りが一気に進むのか、それともベテランが流れを引き戻すのか。W杯へ向け新たな戦いだ。

(取材・文:元川悦子)

text by 元川悦子