ハリルホジッチ監督はリアクションサッカーを貫いて大目標を達成した。写真:田中研治

写真拡大 (全2枚)

 ハリルホジッチ監督の勝利。そんな試合でした。

【PHOTO】日本×オーストラリアの美女サポーターたち♥

   この大一番で、ハリルホジッチ監督が描いていた戦いが体現され、抜擢したふたりが得点を取り、求められた最高の結果を出しました。決して周囲に惑わされず、ブレずにチーム作りを続けた故の結果だと思います。
 
  日本が スタートから4-3-3を敷いたのは意外でした。ゴールキーパーから丁寧にボールをつなぐオーストラリアに対し、3バックに3トップを、2ボランチに井手口選手と山口選手をマンツーマン気味で見させ、”相手がボールを握った状態からサッカーをスタート”させたのです。
 
 これまでも基本的にこうした戦いを志向しているように見えていましたが、ここまではっきりとメンバーと戦い方で明確に示したのは、オーストラリアを警戒したためでしょう。
 
   オーストラリアに誤算があったとすれば、ゴールキーパーのライアン選手のキックのフィーリングがこの試合ではまったくといっていいほど合わなかったことだと思います。
 
 オーストラリアがビルドアップでゲームを作り、日本がプレッシングからゲームを作る場合、大事になるのはプレスを受けた時のセンターバック、あるいはゴールキーパーのフィードがつながるかどうか、です。この日のオーストラリアは日本のプレスを剥がすように狙ったロングパスがことごとく奪われていたために、日本の”プレスの足”を止められませんでした。

 日本がプレッシングに来た時に、それをひっくり返すようなプレーが2〜3回でもできれば、日本のプレッシングは勢いを失っていたと思います。しかし、それができなかったために、日本の選手たちは足を止めずにボールを追いかけられました。
 
   とはいえ、前半の10分から20分くらいの時間帯は、オーストラリアの選手たちが日本のプレスに慣れ、スペースを見つけ始めているように感じました。システムがかみ合っていないので、マンツーマン気味の先頭の5人でボールを取りきれなかった場面では、日本のディフェンス陣の対応が少し混乱していたからです。もしかしたら、この時間帯に手応えを感じていたのは、オーストラリアのほうだったかもしれません。
   それを収束させ、流れを引き寄せられたのは長谷部選手と吉田選手の力が大きかったと思います。長谷部選手は井手口選手、吉田選手は昌子選手を上手くコントロールしながら、かつコントロールしすぎないように気を配っていました。
 
 まだ多くの試合をともにこなせていないなかでは連係面でどうしてもズレが生じてしまいます。実際、この試合でも守備のイメージにズレを感じているようなシーンもありました。
 
 そのような時に長谷部選手と吉田選手はまず自分でそのズレを隠すようなポジショニングをし、そして必要だと判断したものだけ明確に指示しているように見えました。つまり、最低限のリスク管理をしながら、チームメイトの特長を引き出す役割もこなしていたのです。
 
「なかなか新しい選手が出てこない」と嘆く声が聞こえるようになって久しい日本サッカーですが、最終予選を通じて、原口選手や大迫選手がチームを牽引する存在になり、久保選手、昌子選手、そしてワールドカップを決める試合で結果を残した浅野選手、井手口選手と、新戦力の台頭がひとつのトピックスになりました。
 
   それには、選手をフラットに見るハリルホジッチ監督の采配に加えて、長谷部選手と吉田選手がチームのなかで自らの役割を整理し、そして進化させてきたことも大きかったのだなと確認した試合でした。

【著者プロフィール】
岩政大樹(いわまさ・だいき)/1982年1月30日、山口県出身。J1通算290試合・35得点。J2通算82試合・10得点。日本代表8試合・0得点/鹿島で不動のCBとして活躍し、2007年からJ1リーグ3連覇を達成。日本代表にも選出され、2010年の南アフリカW杯メンバーに選出された。2014年にはタイのBECテロ・サーサナに新天地を求め、翌2015年にはJ2岡山入り。岡山では2016年のプレーオフ決勝に導いた。今季から在籍する東京ユナイテッドFCでは、選手兼コーチを務める。