【第38回】グルメライター格付けチェック『チョコレートケーキ』編 !「トップス」vs「スーパーの切り落としチョコレートケーキ」

写真拡大

いつの時代も人々を魅了してやまないチョコレート。その発祥は紀元前2000年頃の中央アメリカとされ、当時はスイーツではなく嗜好品、薬品として珍重されていたという(諸説あり)。おそらく「チョコレートがないと生きていけない」という人も多いに違いない。

第38回を迎えた『グルメライター格付けチェック』は、そのチョコレートを使用した「チョコレートケーキ」でライター達の味覚をテストした。以前に開催された「チョコレート編」は6名中4名が正解であったが、今回の結果はどうなったのだろう? 続きは以下をご覧いただきたい。

・高い方を当てる

まずはルールを説明しよう。ライター達が見分けるのは、あくまで「高い / 安い」であり「ウマい / まずい」ではない。目隠しした状態で1度だけ試食し、高い方を当てるというシンプルなルールである。なぜか毎週のように励ましのメッセージが届く企画、それがグルメライター格付けチェックだ。

今回用意した高級食材は、Tops(トップス)で購入したチョコレートケーキで、価格は417グラム入り税込1900円である。チョコレートケーキの大定番でありながら、常に高クオリティを維持し続けるトップス。まさに高級チョコレートの代名詞的存在だ。

対するはスーパーで購入した切り落としチョコレートケーキで、こちらは202グラム入り税込356円であった。重量を考慮すると3倍弱の価格差があることになるが、果たしてライター達はチョコレートケーキの違いを見極めることが出来たのだろうか?

今回は7名が参加しチョコレートケーキを吟味。事前にトップスだとは知らされていなかったライター達が導き出した答えは以下の通りである!

・P.K.サンジュン(通算成績31勝6敗)の答え:A

「ああ、これはAでしょ。というかトップスでしょ。決してBがマズいわけじゃないけど、クリームのなめらかさとスポンジのふんわり具合が全く違う。ちょっとこれはBを食べるまでも無かったかもね。120%の自信を持って答えはAです」

・K.ナガハシ(通算成績9勝2敗)の答え:A

「うーん、Aですね。Aの方が風味豊かでした。ただBの方が濃厚だったので若干迷いましたけどね。スポンジがしっとりしていたのもA。うーん、でもBはガトーショコラっぽさもあったんだよな〜。迷うけどAにします」」

・あひるねこ(通算成績15勝7敗)の答え:B

「あれ? うーむ。あれこれなんだろう? やべえ、わかんねえ。本当にわからねえ。本当にわからないけどAの方が美味しかったからAにします。Aの方が普通のチョコレートケーキって感じがしてBは硬かった。やべえ、わからねえ……(熟考)。いやでもAが普通すぎるのでBにします。甘さ控えめだったのもBだったし」

・和才雄一郎(通算成績23勝13敗)の答え:A

「Bも全然美味しいんですけど、チョコレート感が全く違う。スポンジもチョコレートケーキとしての完成度もAの方が上。たまにローソンでトップスコラボやってるじゃないですか? あれに近いですね。仮にAが切り落としならメッチャ買いますよ。これはAでしょう」

・GO羽鳥(通算成績22勝15敗)の答え:A

「ふっ。もうB食べなくていいですよ、一応食べるけど。これ間違える人いないでしょ? サービス問題だね。まずチョコ感が圧倒的よね。私はこう見えても小学校の頃からトップス行ってますからね。Bはスポンジがスカスカ。これは間違えるハズがない。完全にAです」

・田代大一朗(通算成績5勝4敗)の答え:A

「Aでお願いします。Aは洗練された味で複雑な旨味があった。舌触りもなめらかで、チョコの風味もAの方が深い。Bは普通のチョコレートケーキという感じ。美味しいけどスタンダードの域を出ていないかなぁ、と。自信ありでAが高い方です」

・佐藤英典(通算成績18勝1敗)の答え:A

「あんまりやりたくねえなぁ……けど正解はAです。これは慣れ親しんだトップスの味です。実は意外と食べるんですねぇ、トップス。Bは若干スポンジがパサついててしっとり感が無かった。これ間違えたら? いや別に何もしないけど?(怒)もうよろしいですか?」

整理すると、Aが6人、Bが1人と答えが割れた。トップスに馴染みがある人にとってはかなりのアドバンテージがあった問題だと予想されるが、いよいよ正解発表の瞬間である!

AなのかBなのか!!!!!!!!!!!!!!

どっちがトップスのチョコレートケーキなんだーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!

正解は……!!!!!!!!!!!!

A!!!!!!!!!!!!!! Aがトップスのチョコレートケーキ!!!!!!!!!! 6人が正解! やっぱりね!! 不正解のあひるねこには申し訳ないが、何度かトップスを食べていればイヤでもわかっちゃうサービス問題だった!! ちょっとこれは間違えようないっすわ!

というわけで、7名中6名が正解となったグルメライター格付けチェック。連敗が続いていた佐藤も久々の正解となった。第39回大会は「ハム編」で、ラクダ使いの砂小間正貫が初参戦予定だ。続報を待たれよ。

Report:P.K.サンジュン
Photo:Rocketnews24.
こちらもどうぞ! →「グルメライター格付けチェック」

この記事の動画を見る