甘辛い南蛮だれがしみこんでジューシーに/調理=SHIORI 撮影=宗田育子

写真拡大

きょうから9月! とはいえ、まだまだ暑さは続きそう。さっぱり系おかずばかり続いていたなら、ここらでがっつり系おかずで栄養補給したいもの。疲労回復効果の高い豚肉を使った南蛮漬けならピッタリです。

ほかにも「豚肉」を使ったレシピをチェック!

なすやパプリカなどの野菜も一緒に、甘辛いたれに漬け込めばOK。辛さは好みで赤とうがらしの量を調整して。作りたてもおいしいですが、味しみしみになる翌日もまた美味ですよ。

■ 【豚竜田の南蛮漬け】

<材料・2人分>

豚ヒレかたまり肉200g、下味(しょうが汁・しょうゆ各小さじ1)、なす2個、赤パプリカ1/2個、長ねぎ10cm、南蛮だれ(赤とうがらしの小口切り適量、だし汁1 1/4カップ、しょうゆ・みりん各大さじ2、酢大さじ1、砂糖小さじ1)、揚げ油、片栗粉

<作り方>

1.なすは縦半分に切り、皮目に斜めに細かく切り目を入れ、2〜3等分に切る。パプリカは縦8等分に切る。ねぎは長さを半分に切り、芯を除いてせん切りにし、水にさっとさらして水けをきる。豚肉は1cm幅のそぎ切りにし、下味をもみ込む。

2.鍋に南蛮だれの酢以外の材料を入れて中火にかけ、煮立ったら火から下ろす。粗熱がとれたら、酢を加える。

3.フライパンに揚げ油を2cm深さまで入れて中火で熱し、温まったらなす、パプリカを入れ、返しながら素揚げにする。しんなりしたら取り出し、油をよくきる。豚肉は余分な汁けをペーパータオルで拭き取り、片栗粉大さじ1をまぶして揚げる。返しながら揚げ色がついたら取り出して油をよくきる。野菜とともにバットに並べ、2をかける。10分以上おいて味をなじませ、器に盛って1のねぎをのせる。

(1人分372kcal、塩分2.1g、調理時間30分)