バルサに移籍するのか

写真拡大

アルジェリアサッカー協会は、レスターシティ所属のリャド・マフレズについて“(レスターシティからの)退団が容認されている”と声明を出した。

未来はまだわからない。フランスメディアはマフレズがバルセロナ市に向かったと報道しているが、バルサ側は事実関係を否定している。
レスターシティを退団するマフレズ、しかし未来はまだ未定。

マフレズがバルサへ?FCバルセロナの周辺を毎回異なるニュースが飛び交っているが、今度はレスターシティのFWリャド・マフレズのバルサ移籍が噂されている。

くしくもアルジェリアサッカー協会が「マフレズは(レスターシティからの)退団が容認されている。彼は欧州に旅し、移籍先のクラブとの手続きを行う」と述べたために、マフレズのバルサ移籍説がささやかれている。

『AS』誌はバルサが急きょマフレズとコンタクトを取ったと報道している。同メディアによれば、マフレズはアーセナルやチェルシーとも交渉しているという。31日(木)にSFRスポーツの記者がマフレズがエルプラット空港に降り立ったとさえ報道している。
しかし本誌の調べでは、マフレズを補強選手とする計画は無く、バルサは同選手との交渉を行っていないという。