「スター扱いで生まれてきた!!」と兄・せいじが嫉妬する千原ジュニア

写真拡大

8月31日(木)放送の「アメトーーク!」(テレビ朝日系)に兄弟でコンビを組んでいる、千原兄弟、中川家、ミキ、ダイタク、ザ・たっちが出演、兄弟コンビならではのメリット・デメリットなどに言及した。

【写真を見る】兄・中川家剛に「暗いし友達もいないし、可哀そうだから誘ってみた」と評された弟・中川家礼二

千原兄弟でネタ作りを担当の千原ジュニアは「普通のコンビやと、ネタを作るほうが『なんやねん、アイツ。俺ばっかりネタ作らせて自分は遊び回って』ということで喧嘩したりしているのを見ると不思議なんです。俺なんか、(吉本の養成所に)入った頃から『ネタ作ってこい』『はい、わかった』ってなってるから、俺がネタを作っててせいじが遊んでようが、全然腹が立たないから。でも、これが他人やったら腹が立つんだろうなとは思う」、続けて「ネタに関して一切文句を言わない。100(%)やってくれる」とメリットを話すと、せいじも「兄弟だからできること、お互いが。赤の他人だったら100やることなんて絶対にないからな」と、兄弟コンビならではのメリットを語った。

また、兄弟だと兄の方が我慢していることが多いのでは、ということでせいじと剛(中川家)が「兄貴飲み会」をするVTRを放送。弟の性格について剛が「(礼二)はズル賢い! 先輩の懐にもスーッと入って行くし、後輩には心が広いリーダーっぽい雰囲気を醸し出す。全然、そんな人間じゃない!!」と愚痴を吐露すると、せいじも「ジュニアもズルいねん。生まれた時からズルい!! 死にかけて生まれたから、扱いがめちゃくちゃええねん。スター扱いで生まれてきたから。親がそうだから、俺もそういう気持ち」と語った。さらに、コンビ結成に関す話でも「礼二は、当時はギリギリ(のヤバい奴)だった。この世界があってホンマ良かったと思う。暗いし友達もいないし、可哀そうだから誘ってみた」と剛が話すとせいじも「そういう目線は俺もすごいあるねん。ジュニアは陰気な暗いヤツだったから、コイツどうなんねんと思ってた」と話し、共に、そんな弟が心配でお笑いの世界に誘ったと明らかにした。

最後に弟の将来について話が及ぶとせいじは「知ったこっちゃないわ!!」と突き放しつつも「でも、ホンマのホンマに時々やけど、ジュニアんとこまだ子供出来へんのかな?って思うことある」と顔をほころばせた。

VTRを見たジュニアは「俺も礼二もそうだけど、ホンマ、誘ってもらってなかったら、地獄やで今」とコメント。礼二も「想像するだけで怖い」と、兄の優しさに感謝している様子をうかがわせた。

次回9月7日(木)、夜11:15より放送予定。「なぜ?同じ事務所に同類芸人」で、出川哲朗、狩野英孝、三四郎らが出演。