未来を大胆に予測します(写真:Graphs / PIXTA)

フランスナンバーワンのエリート校、フランス国立行政学院(ENA)を卒業し、38歳にして故フランソワ・ミッテラン大統領の補佐官を務め、欧州復興開発銀行の初代総裁などを歴任したジャック・アタリ氏。米ドナルド・トランプ大統領の誕生を予言し、仏エマニュエル・マクロン大統領を政界に導いた人物でもある。
世界の情勢が混迷を深める中、私たちはテクノロジーの進化や政治、経済の変化に対して、どのように対応して生きていけばいいのか。「『フランスの超天才』が予測する2030年の世界」(8月20日配信)に続いて、アタリ氏の近著『2030年ジャック・アタリの未来予測 ―不確実な世の中をサバイブせよ!』から、大胆かつ緻密に2030年の世界の姿を予測する。

アルツハイマー型認知症は治る病気に近づく

健康

死との関係は、われわれの社会基盤の本質であり続ける。死を遠ざけることが自由の第一願望であり続けるのだ。健康でありたいという願いは、ますますカスタマイズされ、際限がなくなり、死を断固として拒否するようになる。もちろん、それはそうした手段をもつ者たちにとっての話だ。

遠隔医療が発達する。患者はインターネットに接続された薬箱によって忘れずに服薬できる。患者が処方に従わない場合は、この薬箱が医師と保険会社に通報する。

ナノテクノロジーによって異常は分子レベルで正確に検知できる。

超高感度センサーによってがんの早期治療が可能になる。

fMRIや脳波図の技術進歩により、感情の仕組みが解明され、さらには人工的に感情を呼び起こすことができるようになる。

手術施設には、迅速かつ確実で低侵襲な手術を提供するために、数多くの手術用ロボットが設置される。

ゲノム薬理学により、患者個人の遺伝的特性に合わせた薬物治療が実現する。

アルツハイマー型認知症は治る病気になりつつある。

軍隊では兵士の戦死者が減る。

教育

子どもたちは、好奇心と批判的精神を養うためにバーチャルリアリティ眼鏡によって仮想世界を体験する。

世界中の教師と生徒との完全な交流が教室の壁を越えて可能になる。

ビデオゲームが知識習得に極めて便利な情報機器になりうることが明らかになる。

脳の働きの解明が進み、注意力、集中力、記憶力、思考力、協力、独創力などを高める、あるいは修復するための臨床手段が見つかる。

労働

ロボットが自然言語を習得するため、人間でなければできないと思われていた労働までロボットが行うようになる。

労働の苦痛は劇的に軽減される。たとえば、ロボットは石油化学業界ではコンテナ内部の目視点検を行い、消防士に代わって現場の扉をこじ開けて消火活動にあたる。

軍隊では兵士がパワードスーツを着用するため戦死者が減る。介護ロボットや補強スーツにより、体の不自由な人たちの生活の質は向上する。

介護やネットワーク管理などの分野をはじめ、数多くの新たな職種が生まれる。ソフトウエア開発者、データサイエンティスト、ビッグデータの設計者、バイオテクノロジーやナノテクノロジーの技術者に対する需要は急増する。

その結果、従来の企業は破壊され、労働のあり方が変質する。すなわち、就労体系は柔軟になり、1人でいくつもの役割をこなし、委託になり、働く人たちはノマド化し、プロジェクトのメンバーは、小さなグループの集まりで構成されるようになる。

新たなセメントが開発され、住宅業界は激震

住宅

家全体が3Dプリンターで造られる。ナノテクノロジーを用いた家の外装により、太陽光エネルギーが集められて利用される。よって、従来の太陽光発電パネルは時代遅れの産物になる。この外装により、「スマートビルディング」の大量生産が可能になり、それらの建物では、消費する以上のエネルギーが生み出される。

新たなセメントが開発され、建物の耐用年数はこれまでの10倍になるため、住宅業界は激震に見舞われる。

水資源

海水淡水化設備により、飲料水の利用事情は大きく変化する。そのことはイスラエルの例からもわかる(イスラエルでは、飲料水の55%は海水淡水化設備からのものであり、下水処理水の86%は灌漑のために用いられている)。

2030年に海水を淡水化するコスト(2016年のコストはすでに1990年の3分の1にすぎない)は、さらに3分の1になるだろう。これは特に中東地域やアフリカ・サブサハラ地域の沿岸部にきわめて大きなプラスの影響をもたらすだろう。

より、最適化されていく

農業

センサーを大規模に導入することによって、作物の成長を確認して、水量、日当たり、温度などを調整できるようになる。

ゲノム研究の進歩によって作物や家畜の品種改良が可能になる。農畜産学がいわゆる「農学的利益」となる遺伝子を突き止めるため、作物栽培や家畜飼育の環境が最適化される。

さらに、農薬や化学肥料を使用しない有機農業が行われるようになり、農業全体に変革がもたらされる。

今日、農地全体に占める有機農業の割合は1%にすぎないが、有機農業はまもなく世界人口を養うのに十分な収穫量を確保できるようになり、農民たちは満足できる収入を得られるようになる一方で、自然環境や現場で働く人たちの健康も守られる。

エネルギー

エネルギーを節約することが主なエネルギー源になるだろう。エネルギーの節約は、モノのインターネットやスマートメーターによって管理される。

石炭、石油、天然ガス、原子力、水力は利用され続け、さらには太陽光や風力をはじめとする再生可能エネルギー源の開発が進む。

エネルギー効率の改善、太陽光パネルおよび蓄電池の価格の大幅下落により、分散型エネルギー生産が普及する。それまでエネルギーを利用できなかった農村部の人々がエネルギーを利用できるようになるのだ。

2030年、40カ国(特に、ロシア、インド、中国、アメリカ)において原子力発電に1兆ドル以上の資金が投資される。老朽化した原子力発電所の廃炉が遅れることはないだろう。