週末が「64時間」あればいろいろなところに渡航可能。ミャンマーのバナナ店の前で(写真:筆者提供)

僕は、平日は広告代理店に勤務しながら、週末だけで世界中を旅している「リーマントラベラー」です。2016年10月〜12月は、毎週末海外旅行に行き続け、3カ月で5大陸18カ国を旅し、「働きながら世界1周」を達成しました。

そんな僕ですが、リーマントラベラーとなってから「週末が土日(=48時間)」という考え方を撤廃しました。僕の週末は64時間。週末を金曜日の仕事の終業から月曜の始業までと捉えるようにしたのです。

そうすると不思議なことが起こります。48時間だと海外旅行は難しいと感じていましたが、64時間あれば海外旅行にだって行けそうな気がしてくるのです。また近年、格安航空会社(LCC)が発達し、東京から大阪や広島に行くのと変わらない金額で、香港や台湾などにも行けるようになりました。そして僕は週末で世界中を旅するようになったのです。

旅行の満足度を高める3つの方法

ただ、普段は激務の広告代理店で働くサラリーマン。短い休みで行く海外旅行だとしても、最大限にリフレッシュしてできるかぎり満足度を高めたいもの。そう考えながら週末で世界中を旅するうちに、忙しい社会人でも最大限旅の満足度を高めることができる3つの方法に気がつきました。

1.「その日程でしか休めなかった」を「最高のタイミング」に

忙しい社会人が海外旅行に行く場合、「いつ休みが取れるのか」が決まってから計画を立てることが多いのではないでしょうか。広告代理店で働く僕もプロジェクトの進捗次第で休むことができる時期が決まることが多く、いつも「どこに行くか」よりも「いつ行くか」が先に決まってしまいます。だからこそ、行き先の決め方も一工夫して満足度を高めています。

まず、休める時期が決まったら、「行きたい場所」を探すのではなく、その時期に行われている世界中のイベントを調べて「その期間でしか見ることのできないもの」を見に、その国に行きます。そうすることで、その日程でしか休めなかった休みが「そのイベントを見ることができる最高のタイミングの休み」に変わるわけです。だからこそ休みが決まったら、その時期にやっているお祭りやライブ、スポーツなどを調べて、そのイベントを目的として海外に行くようにしています。

2. 究極の非日常を求めて

海外旅行の魅力は、なんといっても普段の生活では感じることができない「非日常」を感じることができること。だからこそ、より非日常を感じることができる場所を目指します。しかし、社会人だと世界の絶景やジャングルの奥地などに気軽に行くことはできません。そこで気軽に非日常を感じるために、僕は日本からの直行便もある定番の行き先に「もう1フライト足す」ようにしています。

日本からの直行便の飛んでいる街だと、ニューヨーク、ロサンゼルス、パリ、ロンドンなど定番の旅先がほとんど。そのためインターネット上には情報があふれ、せっかくの海外旅行がその情報の確認作業になってしまいがちです。そこで、直行便のある都市からもう1フライト足して、日本からの直行便がなく情報が少ない街に行くのです。そうすれば、人とかぶらない旅をすることもでき、一気に非日常感が増し、満足度も上がります。

ただ、情報が少ない街に行って、万が一楽しめなかったら…・・・。そんな時はストップオーバー(乗り継ぎ地で24時間以上滞在すること)を利用して、定番の観光地にも立ち寄りつつ、もう1フライトで行ける街を目指すのがオススメ。ストップオーバーを利用すれば、わずかな追加料金で複数都市を楽しむことができるため、たとえばロサンゼルス経由でマイアミに行くときに、ストップオーバーを利用すれば、マイアミ行きの航空券で、両都市を楽しむことができるわけです。

とりあえずジャンプしてみる!

3.「SNSウケ」する写真をシェア

旅の満足度を上げるにはSNSの活用も非常に有効です。今までの海外旅行は、自分の中だけで満足度が決まっていました。しかしSNSを活用してより多くの人と旅をシェアできるようになり、その投稿で”いいね!”がたくさん付けば旅の満足度を最大150%にも200%にもすることができるようになりました。これを活用しない手はありません。

マカオの世界遺産、聖ポール天主堂跡の前で。ジャンプすれば、自然と笑みがこぼれる(写真:筆者提供)

「SNSウケ」する写真といっても、何も馬鹿なことをやってウケを狙う必要はありません。あなたが本気で楽しんでいる笑顔の写真をアップするだけで大丈夫。あなたが心から楽しんでいる様子は周りをハッピーにし、共感を得られるはず。ちなみに僕は、観光地で「全力でジャンプしている写真」を撮ってきます。全力ジャンプすると、必ず自然と笑顔になるのでオススメです。

この3つの方法を意識するだけで、忙しい社会人でも貴重な休みを使って行く海外旅行の満足度を気軽に高めることができます。そして僕は世界一楽しい週末を過ごすことができるようになりました。

そして週末を海外で過ごす生活を繰り返していく中で、忙しい社会人こそ使える海外旅行を満喫するためのテクニックを発見したので、それも紹介します。

仕事が終わったらまっすぐ空港へ

頻繁に旅行をするようになるまでは、金曜日の夜は毎週飲み会でした。しかし、リーマントラベラーになってからは金曜日の夜は空港へ向かい、土曜の朝を海外で迎える生活に変わりました。

航空券を選ぶときは、必ず金曜日の夜発の飛行機を選ぶようにしています。そうすることで週末を誰よりも早く始めることができるからです。羽田空港は24時過ぎでも飛行機があるため、東京からはもちろん、地方からでも金曜夜に地元を出発してその日中に羽田に着くことができれば、深夜発の便に十分間に合います。

金曜日の夜に出発すれば、週末だけでも十分(写真:筆者提供)

また、現地でホテル探しに時間を費やすのは致命的なタイムロス。そのためホテルは必ず事前に予約します。いつもホテルは1日目の最後のアクティビティ(たとえばナイトクラブ)の近くか、2日目の最初のアクティビティ(たとえば電車移動なら駅)の近くに取るようにし、無駄な移動時間が省ける場所で選定。また十分な睡眠も短期の旅行には欠かせないので、ドミトリーではなく個室のビジネスホテルにいつも泊まっています。

さりげなく、入念なアナウンスをせよ

仕事は必ず日本に置いていく

海外旅行中に仕事が発生!ホテルにこもって緊急作業……なんてならないためにも、出発前には周りに旅行に行くことをアナウンスして、仕事を引き継いでから行くようにしています。また、僕は同僚に仕事を引き継ぐだけでなく、普段のメールを活用し、“さりげなく”入念なアナウンスをするようにしています。

たとえば、旅行に行く2週間前から、メールの署名欄の上に「※大変恐縮ながら、○月○日〜×日までお休みを頂戴します」という文言を入れます。そうすることで怖い先輩にもさりげなく休むことを知らせることができるのです。

ただし、あまりに休暇をアピールしている感じになると角が立つので、いつもメールの文字のサイズより少し文字を小さくしてその文言を入れています。さすがに取引先には送りませんが、社内に送るメールには必ず追加しています。

また、旅行中はメールを自動応答にして、いつからいつまでお休みを取っているためすぐに返信できない旨を自動で伝えるように。もちろんその場合の問い合わせ先も明記し、旅行中に仕事がスタックしないようにしておきます。

行きの飛行機で体力回復を図る

短い休みで海外旅行を満喫するには、行きの飛行機でいかに体力を回復できるかがポイントになってきます。僕はそのために、機内での体力回復の「3種の神器」を必ず持っていきます。

まず1つ目はノンカフェインの栄養ドリンク。寝る前にグイッと飲んで栄養をチャージします。2つ目は着圧スパッツ。飛行機に乗ると足がむくみやすいですが、着圧スパッツはそれを防いでくれます。そして3つ目はホットアイマスク。目の疲れが和らぎ、就寝時には普通のアイマスクとしても使えます。ちなみにノンカフェインの栄養ドリンクとホットアイマスクは羽田空港なら空港の売店でも購入することができるため非常に便利です。

近い国なら日本時間のまま過ごす

帰国時の時差ボケの対処法

せっかくの海外旅行だからこそ、極力長い時間現地にいたいもの。そのため僕は日本に早朝着く飛行機で帰国し、そのまま会社に出社することもしばしばあります。8月の3連休明けの月曜日も、ミャンマーからそのまま会社に出社しました。

しかし、その生活だと時差ボケ対策をしておかないと仕事中に突然の睡魔に襲われることもあるため、毎回自分なりの対策を講じています。たとえば、帰国するときには現地の空港に着いた瞬間に、時計を日本時間に戻し、少しでも早いタイミングで日本時間に慣れるようにしています。帰りの空港では旅の余韻に浸りがちですが、いち早く気持ちを切り替え、翌日からの仕事に備えます。

また、週末や3連休でアジアなど近場の時差1〜3時間の国に行くのであれば、逆に時計を現地の時間に一切合わせず、ずっと日本時間のまま過ごします。そうすることで現地でも帰国後でも時差ボケに悩む必要がなくなるのです。

こうしたテクニックを使い、平日はサラリーマンをしながら、週末や連休を使って世界中を旅しているのです。忙しくてなかなか海外旅行に行けない社会人の皆さんでも、発想の転換とさまざまなテクニックを使えばきっと海外旅行がもっと身近になるはず。

そして満足度の高い海外旅行をすれば、日本で過ごすよりも何十倍もリフレッシュができるだけでなく、現地で感じた非日常からいろいろな気づきを得て、仕事にも良い影響が出てくると思います。週末や3連休だけでも行ける旅先はたくさんありますし、国内旅行と変わらない費用で行ける旅先もたくさんあります。だからこそ今年後半は思い切って週末で海外旅行に挑戦し、世界一楽しい週末を過ごしてみてはいかがでしょうか?