ボディペインターのAsh Clementsが手がけるメイクは、アメコミからスプラッター映画のようなメイクまで、とにかくバリエーション豊か。しかも、全てのペイントが脳裏にこびりつくほどのインパクトなんです。

今回は、特に衝撃のあるメイクを厳選して紹介します。最後にある「血みどろ編」は、夢に出てきそうなほど強烈。今のうちに心の準備を…。

ハロウィン編

ラブリー編

スカル編

映画・コミック編

血みどろ編

大好きなボディペイントをすると、私は少しトランス状態になるの」

ブラシと道具を手にすると、色やメイクのことしか考えられないほど没頭してしまうとのこと。異様な姿を見て、まだ9月なのにハロウィン気分を味わえた人も多いのではないでしょうか?

制作風景は下の動画からチェックを。 何かに取り憑かれたように描く彼女は、中身もペイントしたものになりきっているように見えます。

Licensed material used with permission by Ashleigh Clements