座ってとれる位置に全部配置できたので、らくちんです♪

写真拡大 (全6枚)

 サニタリーやキッチンのアイテムって、いつも湿っているものが多くて、収納に悩みますよね。
 とくに、ボトル類の底とか、そのまま置いておくとヌルヌルしてきたり、そのうち赤カビが発生したりして、はっきりいって裏を見たくないし、さわりたくない……。

 そんな人におすすめしたいのが、「空中収納」。空中に吊るしておけば、すぐに水きりできて衛生的ですよね。空間も有効利用できるから、収納場所が限られている人にもおすすめです。
 いや、それはそうだけど、引っかける場所がない……。というときの強い味方が、「無印良品」! 収納上手な人気インスタグラマーたちの実例を見てみましょう。

●無印良品のS字フック×100均カゴで「全部吊るし収納」に成功!

【えりかさんの場合】
 どうしてもやりたかったバスルームの「全部吊るし収納」。ボトル類は、無印良品のS字フックに100均のカゴを引っかけて、その中に入れています。洗顔クリームとクレンジングは無印良品の引っかけるワイヤークリップ、ボディタオルとシェーバーはフックに。別の場所にある備えつけのタオルバーには、掃除グッズやおけ、いすを引っかけています。

●浴室のお掃除アイテムも全部ぶら下げて衛生的に!

【minaさんの場合】
 無印良品で購入した「アルミ タオルハンガー マグネットタイプ」を使って、お風呂掃除グッズなどをぶら下げました。ぶら下げたものは、無印良品の「タイル目地ブラシ」「バス用スポンジ」「軽量ショートポール」など。タオルハンガーは見た目もシンプルで、気に入っています。備えつけのタオルハンガーには、ボトル類を。これでやっとボトルの底のヌメヌメとさよならできる!

●ひっかけるワイヤークリップのおかげで家のあちこちで吊るし収納を実現

【saoさんの場合】
 キッチンの収納用品はほとんど無印良品です。「ステンレスひっかけるワイヤークリップ」は、キッチンでふきんを使用後に吊るしたり、洗面所でコップや歯磨き粉を挟んで吊り下げたり、家のあちこちで活躍中です。

●番外編・空間を有効利用できる!「壁に付けられる家具」の空中収納

【えりかさんの場合】
 無印良品の「壁に付けられる家具」シリーズの「長押」と「棚」「フック」を愛用しています。玄関の「長押」は、子どもの「園帽子忘れ」解消にとりつけました。子どもの手が届きつつ、頭にぶつからない高さに「長押」をつけて、100均のフックをペンチで調整して設置。キッチンカウンター横には、「棚」と「フック」をつけて、洗濯用品などを収納しています。

 このほか、収納の悩みは、9月1日に発売された『「無印良品」この使い方がすごい!』(主婦の友社)ですっきり解消! 総フォロワー数80万人超えのインスタグラマーの「無印良品」収納のほか、梶ヶ谷陽子さん(整理収納アドバイザー)、FU-KOさん(ハンドメイド作家)、さいとうきいさん(ライフオーガナイザー)など、プロの「無印良品」使いも要チェックです。玄関収納もランドリー収納もキッチン収納もぜ〜んぶ、「メイクボックス」で統一している実例や、「ファイルボックス」にワイングラスを収納している実例など、「すごい!」が満載です。

『「無印良品」この使い方がすごい!』

価格:1200円+税
出版社:主婦の友社