【ソウル聯合ニュース】サムスン電子が7月7日に韓国で40万台限定発売したスマートフォン(スマホ)「ギャラクシーノートFE(ファン・エディション)」が2カ月もたたずに事実上完売したことが1日、同社関係者らの話で分かった。

 ギャラクシーノートFEは、バッテリー発火問題で昨年回収した高級スマホ「ギャラクシーノート7」の未開封品に安全なバッテリーを装着し、ソフトウエアをアップグレードした新製品。

 出庫価格は69万9600ウォン(約6万9000円)でギャラクシーノート7より30万ウォンほど安い上、最新スマホと違い物理ボタンがあることなどから、発売直後から人気を博した。現在は数千台ほどが携帯キャリアのショップに残っているとみられ、一部のショップを除き手に入らない状況だ。

 サムスン電子の関係者は「ギャラクシーノートFEが(先月発表した)『ギャラクシーノート8』のセールスに影響するのではとの指摘があったが、ギャラクシーノート8の発売前に事実上完売し、新製品のマーケティングに集中できるようになった」と話している。ギャラクシーノート8は韓国で7日から予約受け付けが始まる。