キャロライン・ウォズニアッキ【写真:Getty Images】

写真拡大

世界ランク147位がセンターコートに対し、同5位が5番コートの5試合目

 女子テニスシングルス世界ランク5位のキャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)が、禁止薬物による出場停止処分明けで全米オープンにワイルドカード(主催者招待)で参戦している元世界ランク1位のマリア・シャラポワ(ロシア)に対する“特別待遇”を批判した。デンマーク紙「エクストラ・ブラデット」が報じている。

 2016年に1年3か月の出場停止処分を受けたシャラポワは、今年4月に復帰するも6月の全仏オープンはワイルドカード入りできず。続くウィンブルドンでは予選の参加資格を手にしたが、故障を理由に欠場。今回の全米オープンでワイルドカードながら復帰後初のグランドスラム出場にこぎつけた。

 シャラポワは1回戦と2回戦でセンターコートのアーサー・アッシュスタジアムで試合を行い、見事に連勝。初戦では第2シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)相手にフルセットの死闘を制した。

 一方、同じく世界ランク1位経験者のウォズニアッキは2回戦の世界ランク40位エカテリーナ・マカロワ(ロシア)戦が当初5番コートでの最終試合に予定されていたが、天候の影響で17番コートに変更。さらに、深夜の戦いを強いられて2-6、7-6、1-6で敗れている。

 記事では、ウォズニアッキが胸中を吐露している。

「世界5位の選手が5番コートで5試合目にゲームを行うなんて、受け入れがたいわ。センターコートを見れば、すべてはビジネスなんだと分かる。ドラッグで出場停止を受けた人間が突如、すべてのシングルスの試合をセンターコートでプレーしている。これは疑わしいことだと思う」

06年以来の全米オープン優勝へ、吹かれる逆風を乗り越えられるか

 30歳を迎えた「妖精」シャラポワはその美貌から未だ絶大な人気を誇るが、世界ランクは146位。ウォズニアッキは薬物違反を犯した選手への“厚遇ぶり”を指摘したのだった。

 シャラポワに対しては、「妖精2世」ことウージニー・ブシャール(カナダ)が「ペテン師」と痛烈に批判し、禁止薬物使用者の永久追放を要求していた。記事によれば、ウォズニアッキも「良い例を残したとは思えない」と厳しい見解を示しているという。

 ウォズニアッキの怒りは 英公共放送「BBC」が「キャロライン・ウォズニアッキはマリア・シャラポワのスケジュールに不満」と特集するなど、各国メディアも報じている。

 2006年以来の全米オープン優勝を目指すシャラポワだが、テニス界に吹き荒れる逆風を乗り越えられるだろうか。