パートやアルバイトというような非正規雇用が増え続けている現代。いわゆるフリーターと呼ばれているアルバイトやパート以外に、女性に多いのが派遣社員という働き方。「派遣社員」とは、派遣会社が雇用主となり、派遣先に就業に行く契約となり派遣先となる職種や業種もバラバラです。そのため、思ってもいないトラブルも起きがち。

自ら望んで正社員ではなく、非正規雇用を選んでいる場合もありますが、だいたいは正社員の職に就けなかったため仕方なくというケース。しかし、派遣社員のままずるずると30代、40代を迎えている女性も少なくありません。

出られるようで、出られない派遣スパイラル。派遣から正社員へとステップアップできずに、ずるずると職場を渡り歩いている「Tightrope walking(綱渡り)」ならぬ「Tightrope working」と言える派遣女子たち。「どうして正社員になれないのか」「派遣社員を選んでいるのか」を、彼女たちの証言から検証していこうと思います。

☆☆☆

今回は、都内で派遣社員として働いている田村桃子さん(仮名・26歳)にお話を伺いました。桃子さんは、緩めのウェーブがナチュラルな印象の黒髪ロングに、一見、メイクをしていないように見えるナチュラルメイクに、指先は薄いピンク色のネイルが塗られていました。紺色の涼しげなシフォン素材のカットソーとパンツのセットアップに、足元はペタンコの黒いサンダルを履いていました。

「仕事帰りに、遅くまで営業しているファッションビルに寄るのが、ストレス発散法です」

実家には、父、母、兄が一緒に暮らしています。

「家にいると息苦しいので、必ず仕事帰りに本屋とか、コンビニとかどこか寄って帰りますね」

彼女は東京の練馬区で生まれました。法律専門書を扱う出版社に勤務していた父と、専業主婦の母、2つ年上の兄という家庭環境で育ちました。

「父は出版社と言っても、専門書を扱う出版社だったので、規模は小さいし、ベストセラーみたいな本を売っているわけでもなかったので、子供の頃は何の仕事をしているのだろうって不思議に思っていました」

桃子さんの父は、新聞奨学生として働きながら大学に通いました

「父は、大学の夜間学部を卒業して就職をしたらしいんです。苦労をして就職をしたのは、奥さんを養いたいからだったみたいです。男の人が奥さんを養うのが当たり前という考えの人だったので、兄と私が小さい頃、母は働くのを禁止されて専業主婦をしていましたね」

何かあると2つ年上の兄の方ばかり、優遇されてきたと感じています。

「兄がちょっと勉強ができたので、学校の先生から“このままではもったいないですよ”と言われて、中学から私立に進学したんです。そのせいで、私は“高校も都立でお願いね”と言われていました」

彼女の母は専業主婦でしたが、家の用事よりも兄の予定を優先していたと言います。

「兄が通っていた男子校が、行事が多かったんです。母は学校行事を手伝ったり、休日は兄が習いに行っていた空手の付き添いでいなかったり。何をするにも、兄が優先でしたね」

桃子さんが中学に上がると、大学受験の準備で忙しい兄のサポートで、ますます母は忙しくなります。

「私は、小学校から仲が良かった子と中学でも一緒だったので、女子のグループで遊びに行くことが多かったです。自転車だけ買い与えられていたので、中学になったら自分一人で塾まで通っていました」

友人と夜遊びをするようになり、母とギクシャクする日々

中学の時は、門限などのルールも緩かったため、遅い時間に友人とコンビニに集まったり、家出のようなこともしたことがありました。

「中学の時、彼氏ができたんです。一緒に学校から帰ったり、たまに休みの日に図書館に行ったりとかするくらいで。それまでずっと兄の面倒で忙しそうだった母が、急に私の行動に監視するようになって。携帯を中学から持たされていたのですが、勝手に中を見られたりして喧嘩になりました」

それまで彼女に無関心だった母親でしたが、家出をきっかけに過干渉になってしまいます。

「母がヒステリックに彼氏や友人と休みの日に会うなとか、遊ぶなって言うから、勉強は真面目にしてるからいいじゃないかって言ったんですよ。兄は、学校が間に合わなくなりそうなときに、父がクルマを出して送ったりすることがあるのに、私は雨でもなんでも自分一人で家に帰るように言われてるのも腹が立っていました」

結局、高校受験が済んだら、母親も少し落ち着いたそう。

「高校は、そこそこの都立に合格できたので、母親も少しうるさくなくなったというか。夏休みとか長期休みは、コンビニでバイトしたり。同じ中学からも沢山進学していたので、中学の延長みたいな感じでしたね」

進学に関しても、兄を理由に推薦で入れる大学を探します。

「兄が、私立の中高に通っていたのに受験がうまくいかなくて浪人したんですよ。ちょうど私が高2で、進路を色々考えていた時で、“これは推薦だな”って思って。歴史はあるけれど、偏差値的にはあまり高くない女子大の推薦が貰えそうだったので、高3の秋で進路は決めてしまいましたね」

兄が浪人をして苦労をしているのを見て、浪人だけは嫌だと感じます。

「大学は自宅から通えそうだったのも、決め手だったんですよ。あと高3の夏期講習で受験が済めば、その分、塾代もかからなくて済むし。私大文系だったので、早慶以外だったらどこでもそんなに変わらないかなって」

専門学校も考えたが、周りの友人たちも大学に進学する者が多い環境だったので、大学に行こうと決めたそうです。

「とりあえず、大卒の学歴は欲しかったんですよ。ブランド力はなかったとしても、どこかに出入りするときに“〇〇大です”っていうのと、“フリーターです”っていうのじゃ聞こえが全然違うんで」

子供の頃から、父が作った本に憧れていた反面、専業主婦の母が嫌だった。

編集バイトから、ライターとして独立。ギャラの未払いなどトラブル続き!?仕事がなくて派遣へ。その2に続きます。