【爆速】1200馬力にチューンアップされたスーパーカーが対決「ランボルギーニ vs GT-R」

写真拡大

日本が誇る世界的自動車メーカーである日産自動車。その “顔” ともいえるモデルがスーパースポーツ「GT-R」だ。同車の優れた走行性能は、はるか高価なマシンにも引けを取らないと言われている。

今回は、そんな「日産 GT-R」と超高級スポーツカー「ランボルギーニ・アヴェンタドール」の対決動画をご覧に入れたい。なんと、2台とも1200馬力にチューンアップされているとのことだが……果たして勝つのはどっちだ!

・ロシアで開催されたドラッグレースイベントが舞台

動画の舞台は、ロシアで開催されたドラッグレースイベント「Unlim 500+」である。登場するのは、1200馬力以上にチューンアップされたランボルギーニ・アヴェンタドール。そして同じく1200馬力にチューンアップされたNissan GT-Rだ。

2台のレースが行われる前に、まずはアヴェンタドールと750馬力のBMW M6が対決。結果は……アヴェンタドールが圧勝! さすがに、1200馬力以上ものパワーを持つアヴェンタドールが相手では、足元にも及ばないようだ。

・GT-Rとアヴェンタドールが対決

続いては、いよいよGT-Rとアヴェンタドールのバトルである。位置について……ダーッシュ! GT-Rが勢いのある加速をみせ、その後もグングンとアヴェンタドールを引き離し……そのままゴール!! 今度はGT-Rが圧勝という結果に!

どんなチューンアップが施されているのか不明ではあるものの、GT-Rが同等な馬力のアヴェンタドールに勝つとは驚きだ。ちなみに、2台の走りが見られるのは1分30秒あたりから。レースの様子をぜひ動画でご確認あれ。

参照元:YouTube
執筆:K.ナガハシ

この記事の動画を見る